知らない世界がやってきた

えもーしょん 大人篇 #57

知らない世界がやってきた

2016~/カイト・大人

Contributed by Kaito Fukui

People / sep.15.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#57
「知らない世界がやってきた」
(2016~/カイト・大人)

4月。

テレビのない我が家にも、外の世界が

騒がしくなったと情報が入って

間も無くして、それは日本にもやってきた。

毎日行くスーパーには人が溢れ棚はスッカスカ。

なにか大きな出来事が起こっていることは

すぐにわかった。

それから、外出自粛を伝えられるが

普段から自宅で仕事をするボクは

なにも変わらなかった。

なにか、不安なことも特にはなく

周りのみんなが大変そうにしている姿を見るだけだった。

すぐに終わるだろう。

そう思っていたのに、状況は悪くなる一方

飲食店を経営する友人が、1度店を閉める。

と言った。

「そんなに大変だったの!?」

と聞くと

「こんなになるとは思わなかった」

「かいともしっかり情報だけは入れておきなよ」

「なにかできることはある?」

「まだ、なにも考えられない」

と普段から頭の回転が早く

アイデアマンの彼が深刻な顔をしていて

この時初めて、周りの状況を把握しよう

そう思った。

それが、4月中旬

それから、予約していたギャラリーから

予約の取り消しの連絡が入り

遂にボクのところにも、ほんの少しだが

影響が出てきたかぁ。

それくらいだった

とにかく、仕事が飛んでいく友人たち。

ボクは、ひとつしか飛ばず

暇になるかと思いきや、むしろいい時間のバランスだった。

それまで、徹夜続きの生活から

少しだが、眠れる時間が増え

なんと、体調がすこぶる良くなるではないか!

みんなには、申し訳ないから言えなかったけど

とってもいい、自粛期間だった。

4月のボクは、なにもすることはなかった

4月の目標をクリアして、後はゆっくりのんびり~。

文字通り、4月下旬は

1日、10時間睡眠

それから、8時間ゲームに費やし

目が痛くなって来たタイミングで、3時間ほどお昼寝

それから、銭湯へ行き

帰りにスーパーでお菓子を買う

家に帰ると、そのままベッドに倒れ込み

ひたすら、海外ドラマを見続ける

みんな、ご存知の

ダメな部分全開。

もちろん、その間に軽い勉強くらいはもちろんする。

それでも、まだまだ余裕だった。

あんなにも、みんなが大変そうにしているのに…。

ボクはこんな、のんびりしていていいのだろうか。

5月はきっと、忙しい。

きっと…。

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer