えもーしょん 小学生篇 #52

お、大人になる

2003〜2010/カイト・小学生

Contributed by Kaito Fukui

People / sep.22.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#52
「お、大人になる」
(2003〜2010/カイト・小学生)

夏休みのある日

ボクは、初めて責任を感じた

責任にも、いろいろな種類があるが

大人になった今

振り返り、あれはどんな責任だったのか

そう聞かれると、少し難しい。

わかりやすく、例えるのなら

背負っているものがある。ことを認識した

ではないだろうか。

難しい。

ある日、長い遠征へパパと出発した。

出発してすぐに、「ガソリン入れなきゃ」

と、パパが言った。

ガソリンは、セルフで

ガソリンスタンドで勝手に配られているものだと思っていたボクは

その日、初めてガソリンを入れ

浮かれていた。

車に戻ろうとした時、「かい、まだだぞ」

と、パパが言った。

パパの方へ向かうと、手にはお財布が

「こっち、こっち」

と、パパがいつもコーヒーを買いに行く売店へ向かい

コーヒを選びレジへ

店員さんが、コーヒーをスキャンし

こう言った

「6890円です」

????????????????????????

こっそり、ママにお小遣いをもらっているボク

缶コーヒー1つの値段くらい知っている。

高くても、どんなに高くても

ボクの1週間のお小遣い、500円くらいだ

「ろ、6,000えええええええええええん!!!!!?」

びっくりして、叫んでしまった。

逆にびっくりしたパパは

「それがどうした?」

と、こっちを向いている

車に戻り、どうしてあんなに高いのか尋ねた。

そう、ここで初めてガソリンは有料だと知った

さらに、高速道路もお金がかかるらしい。

ボクらはこれから、大阪まで行って

そこから、大きな船に乗って

宮崎へ向かう。

その間、あと3回はガソリンを入れるらしい。

「そ、そんなにお金がかかるの…。」

ちょっとびっくりしているボクに

パパはこう言った

「知らなかったのか?お前が大会出るのにもお金かかってるぞ」

「え!?」

「エントリー費」

「そんなのあるの!?」

「そうだよ、一回5000円くらいするぞ」

ボクは、それがどれくらいの金額か

すぐにわかった。

大好きな、チョコチップメロンパン50個分だ。

さっきのガソリンのお金を合わせると

もう、110個のチョコチップメロンパンを買った事になる

「ひゃくじゅっこ…」

「そうだよ、だから一コケしたら110個パーだよ」

「えぇ…」

喉から声が出なかった。

今までボクは、何回一コケしたかを考えてしまったから。

だ、だからか

一コケしたら、パパのゲンコツが飛び

終始無言の、地獄の車内になるのは。

ボクは、少し

いや、ボクの中ではかなり

大人になった気がした。

続く

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer