ボクの超能力

えもーしょん 小学生篇 #57

ボクの超能力

2003〜2010/カイト・小学生

Contributed by Kaito Fukui

People / oct.20.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#57
「ボクの超能力」
(2003〜2010/カイト・小学生)

小学生6年生まで、ボクには超能力があった。

正確に言うと、初めて付き合ったヤンキーの彼女と

図書館のでキスするまでは、本当に超能力があった。

どんな、超能力かと言うと

好きになった女の子が毎晩必ず夢の中に出てきてくれて

理想のデートをしてくれるという、今のボクに足りない

とってもピュアな超能力だ。

初めて、この超能力に気づいたのは

小学生2年生の夏休み。

夏休みの真っ最中に、なんとインフルエンザにかかり

部屋で隔離されていた時のこと。

冷房の効いた、快適な部屋で

もうすっかり元気なのに、とにかく寝ていないといけない。

地獄の時間、何度寝したかも分からないが

昼間、ゲームも漫画もすべて遊び尽くし

いよいよ、寝るしかやることがなくなった。

結局、何度も何度も眠り夜ご飯を食べた後のこと

「いつになったら、外に出られるんだよ…」

と、24時間テレビが始まりもう夏休みは

残り数日しか残されていないことを悟ったボクは

一度でいいから、夏祭りに行って

片思い中の、アサちゃんの浴衣姿を見たいと強く願った。

浴衣じゃなくてもいい、めっちゃ短いデニムのパンツでもいいから

アサちゃんが、屋台の電気に照らせれ「あっつ~い」とうちわで扇ぐ。

姿を一度でいいし、なんなら遠くからでもいいから見たい!!!

と、強く、心で願った。

願い、願い、願いまくった夜。

そのまま、寝落ちすると突然

満月の夜に、アリゾナのような広大な土地に1人ポツンと立っていた。

「ここは、どこ?」と独り言を呟くと

崖の上に、何やら動物らしき影が現れた。

ボクは、そこへ向かおうと

ハルクのように、思いっきりジャンプをし崖へ登った

そこには、大きなオオカミが一頭

こちらを見ている。

そして、オオカミは「よくがんばった」と一言。

「あおおおおおおおおおおおおおおおお!」

と、満月の夜空に向かって吠え姿を消した。

なんだよ、今のは。

崖のすぐ後ろの、ジャングルを彷徨い歩いている。

奥に、浴衣を着た美女が1人立っている。そして

ボクに気がつくと、振り返る。

そこにいたのは、なんとアサちゃん。

「アサちゃん! こんなところで何してるの!?」

「かいと、待ってたのよ。沖縄、行きたいんでしょ?」

「どうして、知ってるの?」

「理由はいいでしょう。さ、行くよ」

アサちゃんは、ボクの手を取り

ボクをお姫様抱っこし、飛んだ。

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer