I saw a rainbow at midnight

Contributed by anna magazine

People / oct.10.2019

anna magazineのカバーガールを創刊号から描き続けているイラストレーター榎本マリコさんの作品展が10月22日(火)〜11月17日(日)、梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ ステージで開催されます。『I saw a rainbow at midnight(真夜中に虹を見た)』と題した今回の展示企画のコンセプトを、「真夜中の虹のように、わずかな光がもたらす奇跡みたいな瞬間を私は待ち続け、想像しています。それを目撃した時の懐かしい人に会う安堵感にも似た感覚を、様々な記憶の断片から引き出したモチーフに落とし込んでいます」と榎本さんは語っています。

近年、「82年生まれ キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ著)「むらさきのスカートの女」(今村夏子著)など、表紙絵を描いた書籍は必ずといっていいほど話題作となっている榎本マリコ氏。アーティストとして益々注目が高まる彼女のアートをこの機会にぜひ体験してみてください。

展示会では普段書店には並ばない作品集や、この展示に合わせて特別に制作したTシャツ、サコッシュ、切手、ポストカードセットなどはもちろん、anna magazineのバックナンバーも販売されます。
10月27日(日)14:00〜は榎本さんが来店しサイン会も開催予定です。

【イベント詳細】
会期:2019年10月22日(火)〜11月17日(日)
時間:7:00〜23:00
場所:梅田 蔦屋書店 ガーデンラウンジ ステージ
主催:梅田 蔦屋書店
問い合わせ先:梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)

【プロフィール】
榎本マリコ アーティスト / イラストレーター
1982年、埼玉県生まれ。ファッションを学んだ後、2004年より本格的に絵の創作活動を始めた。国内外のグループ展や個展で作品を発表しつつ、書籍の装画やCDジャケット、雑誌、広告など幅広い業種のアートワークを手がけている。
最近の個展に「STRANGERS」(2015、L’illustre Galerie LE MONDE)、「flowery ghost」(2019年、AL)など。
装画を手がけた書籍に「82年生まれ、キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ、筑摩書房)同作のアメリカ版、ハンガリー版、「むらさきのスカートの女」(今村夏子、朝日新聞出版)など。
雑誌「anna magazine」は創刊時より、表紙のイラストを手がける。

Tag

Writer