ライバル

えもーしょん 小学生篇 #48

ライバル

2003〜2010/カイト・小学生

Contributed by Kaito Fukui

People / aug.26.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#48
「ライバル」
(2003〜2010/カイト・小学生)

ボクのことが、絶対好きだと

勝手に思い込んでいる、近所の美女は

5つ上の、高校2年生のあっちゃん。

ある日、もうそろそろ

チュー出来そうな気がして

「鎌倉は波がいいらしい」

と、確認もしていないのに

鎌倉の方へ行こうと、誘った。

これには、訳がある

思春期を迎えたボクは、あっちゃんと

手を繋ぎ、海沿いを歩きたかった。

それも、夕日が綺麗な時間に。

そして、あたりは少し暗くなった時

ファーストキスをキメようと考えていたから。

そのためには、知り合いがたくさんいる。

地元の海では、お互い周囲を気にして恥ずかしい。

ボクは、初めてジェントルな心を持って

あっちゃんの視線を気にし、鎌倉へ誘ったんだ。

鎌倉へ行くことがまずスタートなのに

誘う事を決めた次点で、少し満足してしまったけど

誘ったあっちゃんが、すんなり「行こ~」なんて言うもんだから

ちょっとびっくりしたけど

これは、いける!!!

と、確信した。

そして、七里ヶ浜に着くと

奇跡的に、波がめちゃくちゃいい。

セブンイレブンに寄って、飲み物とお菓子を買って

海の目の前の駐車場に自転車を止め

準備をしていた。

あっちゃんが、カゴからバスタオルとウエットを取り出すと

「き、着替えが見れるのか!」

と、胸を躍らせ

ボクも、横でそっと着替えることに。

チラチラと、あっちゃんを覗くと

まぁ、そりゃそうか

水着を着ていない訳がなかった。

さっさと着替えを済ませ、WAXを塗り

海へ向かった、アウト出ると

見たことがあるような、人がいて

なんとあっちゃんが

「おはよう~」

と、挨拶しに行った。

イケメンのサーファーと楽しそうに

会話をしているあっちゃん。

奥にセットが見え

イケメンも、追いかける。

あっちゃんを奪われたボクは

絶対に乗らせまいと

必死にパドル。

イケメンもボクに気づいたのか、競ってくる。

体重の軽いボクが先にテイクオフして

セットに乗った。

あっちゃんが見ている。

そう思って、頑張った。

乗り終え、パッと起きを見ると

あっちゃんはボクに背を向け

イケメンと楽しそうにしていた。

沖へ戻る、パドルのひと漕ぎが重い。

目には涙が浮かび

さらには、自分の勘違いと

自意識の高さに、悲しくなり

涙が止まることは無かった。

「もう帰ろう」

と、ビーチに戻りみんなが乗っている姿を眺め

ボーッとしていると

なんだかうとうとしてきて…。

続く。

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer