ゴールデンウィーク

えもーしょん 大人篇 #58

ゴールデンウィーク

2016~/カイト・大人

Contributed by Kaito Fukui

People / sep.16.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#58
「ゴールデンウィーク」
(2016~/カイト・大人)

5月。

来るか、来るのか!?

ボクはずっと不安だ。

コロナウイルスよりも、ずっと怖い

早い年だと、だいたい5月くらいからやってくる。

小さい頃から、悩まされている片頭痛だ。

ボクの片頭痛は年々、重くなっていく。

なぜかは、病院の先生でもわからないらしい。

去年は、病院へ行き

薬をもらっても、まったく効かず

少し強めの鎮痛作用のある湿布を首や肩、背中に貼りまくり

それでようやく眠れるほど。

「いやぁ、おかしいねぇ」

先生は、頭を悩ませている。

勘弁してほしい。

普段から、穏やかに穏やかに

心に波を立てないようにしていても

片頭痛があると、抑えられない。

イライラが止まらない

「先生、お願いだからどうにかしてください」

「そうねぇ」

「紹介状書くから、大きい病院へ行けるかい?」

そう言われた、が行かなかった。

今年はいつからくるのか…。

ゴールデンウィークはなんとか、何事もなくこなせた。

2週目、緊急事態宣言が延長されたと知って

あぁ、まだそんなにひどいのか。

ボクは、連載仕事を続け

この時から、段々と忙しくなっていった。

個展はやるやらないにしろ

調べ物が溜まったこのタイミングで少しずつ

アウトプットしないと。

そう思う傍ら

今のこの世界の動きが、少し面白かった。

まだ少し、見ていてもいいんじゃないか。

ダメになる人と、抜ける人。

その違いを見つける必要があった

いくら1人家の中で作品を作っていても

世に出すときは、外に出なくてはならないし

そうすると、外の状況を見て予測もしないといけなそうだった。

とにかく、ボクには時間があった。

みんなが、羨むほど研究出来る時間と適度に休める時間があった。

こんなに時間があるのは、今しかないかない。

それは確信していた。

足りないものと、いらないもの。

求められているものと、やりたいことを

見つめ直すいい時間だった。

普段なら、一度立ち止まると

周りの動くスピードが早すぎて

立ち止まるには、リスクがあった。

だから、常に作り続けなくては

動き続けなくては。そう思っていたけど

こんなにいい機会がやってきて

大いに立ち止まって、座り込み

たくさん考える時間があったのが、5月

無事、偏頭痛もやってこなかった。

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer