ファーストキス

えもーしょん 高校生篇 #51

ファーストキス

2013〜2016/カイト・高校生

Contributed by Kaito Fukui

People / oct.05.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#51
「ファーストキス」
(2013〜2016/カイト・高校生)

はじめに、この回は少しエッチな表現が含まれています。

えもーしょんを日々お子様が眠るまで音読されている

お母さま、お父さま、ご家族は1度ご自身で読まれてから音読してください。

ボクはずっと自分のことを普通にいい人だと思っていた。

バイクで走っている時、出てくる車に道を譲るし

困っていそうな、ご高齢の方がいたら一応気にする素振りもする

それに、どんなに落ち込んでいても必ず笑顔で挨拶もするから

ボクは、自分を普通にいい人だと思っていた。

けど、それは友人との会話の中で知ることになる。

高校2年生のある日、体育の授業が終わり

女子が更衣室から帰ってくるまでの間の男子パラダイスの時間。

友人A君が最近できた彼女に話を自慢げに話してきた。

「この前さ、デートしてきたの~」

「どこいったの?」

「映画館」

「映画館、ベタだね…」

「いや、まぁそうなんだけど映画館行けば、ほぼほぼチューできるって書いてあったからさ」

「で、できたの?」

「いやーーできなかったね、タイミングはあったけどね。かいといつもどうしてんの?」

ボクは、彼の初々しさに少し羨ましさを感じた。

チューでドキドキするなんて、そんな心をいつ失ったのか思い出すこともできない

ファーストキスは中学1年生だった。初めて付き合ったツーブロックのギャルと

図書館の本棚と本棚の間でチューをした。

いま思うと、あの時はまだ股間に身を委ねず冷静だったかもしれない

ファーストキスを特別にしようと入念に計画を練って

ツーブロックのギャルの彼女に「あそこに行くと職員さんが宿題やってくれるらしいよ」

と、嘘をついて誘った。

そして、「宿題の参考になる本を探さないといけない」とか言って

本棚の方まで行き、軽めのハグ。

耳もとで一発「好きだよ」とか言っちゃって

「私も」と予想通りの返事に浮かれ

「キスしていい?」なんて紳士ぶった。

彼女は、「うん」と心の中でささやき頷いた。

そして、計画通り思い出のファーストキスの出来上がり。

と、そんなことを友人のA君に伝えると

彼は、チャイムと同時に「お前は卑怯だ!」と言った

「は!?」自分はいい人だと思っているボクは言い返そうとしたが

「チャイムなったから」と、ニコリと笑うA君

それでもボクは、「かわいいやつだな」と言い返さなかった。

だから、ボクは自分はいい人だと思ってた。

この時までは。

続く

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer