覚えてない一週間

Miyu Fukadaのわくわく脳内日記 #12

覚えてない一週間

Contributed by Miyu Fukada

People / 2022.01.10

バルセロナから帰国し自身のアーカイブを目の当たりにして、次へのステップがフツフツと湧いてきた写真家Miyu Fukadaさん。納得の行く選択をし人生を選ぶ、彼女の脳内日記をお届け。

#12

この一週間は心ここにあらずで、あまり覚えてない。



なので写真を元に振り返ってみる。

展示後の燃え尽き感と、どっか行きたいのにタイミングが合わず行けずに
ふつふつしていたこの一週間。

近所のシネマアミーゴで恒例の餅つき。


みんなで書き初め! 私は迷わず旅と書いた。

旅。人生そのものが旅なんだろうけど、
私は刺激が欲しい。世界を見たい。
行ったことのない場所、見たことのない景色、食べたことのない食べ物、
会った事のない人、嗅いだことのない匂い
に飢えている。

視点を変えて日本を知るいい機会だ。
なんて最初は思っていたけど、やっぱり外国の
全てが予想外、言葉が少し通じないくらいの衝撃を私は欲している。

何も知らないところに飛び込んでいくときのあの心配なんかより、1000倍のワクワクを感じたい。
でも海外に行くのは今ではない。
そう直感が言ってくる。

じゃああと半年待って行くまでに、ここで我慢しろと言うのか?
無理だなー。

いきなり積もりだした雪。

裏の山も白くなった。

朝起きれば無意識に見ているインスタグラム。

とりあえずこれを消そうと思った。

...難しい。ケータイのブラウザからも見れるからどうしても気になって見てしまう。
なんて意思が弱いんだ。。。

次第に見る頻度も減って、見ようとしても辞めれるようになってきた。
しばらく情報デトックスしてみよう。

気分転換に家から歩いて20分のビーチまで歩いて夕日を見に行った。

明日からは南へ!
久しぶりに見慣れた景色から飛び出して自然の中で遊んできます。


アーカイブはこちら

Tag

Writer