From A Tea Break To Daydream of Breakfast with Lauren vol.1

From A Tea Break To Daydream of Breakfast with Lauren vol.1

Text:Anna Koshizuka

People / mar.08.2018


Lauren Yates
--------------------------------------------------------------
オーストラリア出身。世界中を旅しているが、ファッションの着想や食のルーツはタイ。
2010年からライフスタイル、フード、トラベルをテーマに『Ponytail Journal』を更新し、今年で8年目。ブロガーとして取材、執筆、動画編集まで手掛ける一方、インスタグラマーとしてスポンサードの執筆や投稿も行う。
自身がプロデュースするブランド『W’ Menswear』は、中国、韓国、台湾、タイ、日本を中心に展開中。(日本代理店はOuter Limits .co.)

『PonytailJournal』http://ponytailjournal.com/
『W’ Menswear』http://wmenswear.com/
WEB store http://ptjsupplies.tictail.com/

Tea-break with Lauren

私がローレンのことを知ったのは、Instagramで流行していたからでも、彼女が人気ブロガーと知っていたからでもなく、理由はただ一つ。「世界中で旅をして、ありのままに、朝食を楽しんでいるな」と察知したからであった。

2月初旬、幸運にも私は彼女との二回目の出逢いで、私の3年来の彼女の朝食への愛を、彼女自身に直接伝える機会に恵まれた。

2017年2月。ハンサムで、メンズライクな女性のためのワークウェアを提案する「W’Menswear」春夏コレクションは、アジアでキャラバンされ、日本での展示会は今年も中目黒で行われていた。昨年、このコレクションを一目見たい一心で、ファースト・ドアノックで突然の連絡を入れた私を温かく迎え入れ、素材探し、服作りのストーリーとともに紹介してくれたローレン。
今年もとても楽しみにしていたが、到着すると「まずは上でお茶でも」と声をかけてくれ、思いがけなくローレンとの密な時間が実現。こんなチャンスを待っていた!とばかり、用意していた紙切れをもとにブリーフインタビューを敢行した。

数年来、私が彼女について知りたかった、最も基本的で肝要な2つのQとAを、ここで紹介する。

I didn't get acquainted with Lauren by the fact that she was popular at Instagram nor a popular blogger, but rather because I felt that she was just traveling around the world and enjoying eating breakfast. I was lucky to meet her for the second time in the beginning of February and felt blessed to be able to express my love towards her breakfast making in person (after having followed her for some approximately 3 years).

This is what happened in February 2017.Her manlike and handsome ladies work wear (called W’Menswear) traveled all the way to Asia and the spring/summer collection also exhibited in Nakameguro in Tokyo.

I caught a glimpse of her collection last year and just had to approach and make contact with this Lauren, who treated me with warmth and told me about the story behind her clothes the making of them.

I was looking forward to going this year too when she suddenly invited me to meet for a cup of coffee and thus, though unexpectedly, I spent some time with Lauren in reality. "I'd never had thought to get get a chance like this!" I thought to myself and began briefing her for an interview using torn paper as notes.

I wanted to know about her future and will here introduce the two most important questions/answers that took part.

Vogueオーストラリア他、彼女を取り上げる海外メディアを見ていて、「ワールドトラベラー」の才能を遺憾なく発揮していると思ったのだけれど、旅を軸とした活動で、これからの目標や、未来の夢は?

「ワールドトラベラー」と称して魅力を訴える私にはにかんだ笑みを向けながら(ここで通じ合っている実感)、「その土地、その土地のスペシャルな食(”Special Food”、正式な言葉ではないものの、世界各国の、異国情緒に溢れる料理のイメージはすぐに伝わった)ただただ“Try”してみるの。日本だと、特にアートギャラリーや、ミュージアムをメインに巡るのが好き。」と、ありのままに楽しむ様子。「まぁ、こんな姿を旅行・レジャー系メディアが取り上げているけどね」と、実績の方はおまけのようにコメントした。

She laughed bashfully and called herself "World Traveller" and that she wants to "Try, try try" everything from all over the world. Things or foods that are special that particular region etcetera. She enjoys visiting art museums and galleries while visiting Japan.She added "Well, that appearance and traveling to XX" all gets featured by leisure media."

”TASTIEST Life Possible”(オンラインで彼女が発信するメッセージ)、@PTJbreakfastの投稿写真を見ていて、思ったこと。
もともと、朝食が好きなの?そのルーツはどこにあるのでしょう。

彼女は、朝食の時間をあわただしい1日が始まる前にとる静かな時間を“Peaceful Time“と表し、こうした時間を二の次にしてしまう現代人のライフスタイルを背景情報に交えながら、自分はこれを最も重んじていると話した。「身体にもいいし、“Happiness”につながっている。」と、自分の実感を裏付けとした言葉で、自信を持って教えてくれた。
 

She expressed that she likes to begin her usually busy day having a "peaceful time". She talked about how she's trying to influence the modern man that usually overlooks this time of day and how it's an important part of herself. It's good for the body and is connected to "happiness". She taught me to support your own feelings and have confidence.

トレンドを作り出そう、とかガンガンレポートしていこう、といった発信者が持ちがちな気迫がなく、肩の力が抜けたところに彼女のスタイルが感じられ「それでいいんだな」と思えたので、私はこれ以上、前のめりで野望を尋ねることはやめてしまった。

To people that create and intensively reports upon recent trends one can feel one's shoulder getting lighter by her way of living. It made me think "Just that is enough" and also stopped me from further questioning.

Photos from:@PTJBreakfast #TastiestLifePossible

Translated and Contributed by
Nathalie Cantacuzino
--------------------------------------------------------------
スウェーデン出身。スウェーデン・ロシア・ルーマニア・日本のクオーター。
雑誌『FUDGE』やCM,ブランドのカタログモデルとして活躍中。
朝食愛好家、アナログ派。ヨガ、オーガニック生活を愛するフーディー。

Blog: 『Meanwhile in Tokyo –その頃東京では–』https://meanwhileintokyo.com/
Instagram: @nanorie

Tag

Writer