早起きできちゃった

CIRCULATION #17

早起きできちゃった

Contributed by ERI

Trip / 2022.02.25

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の”CIRCULATION”が詰まった連載!


#17

新年明けましておめでとうございます!

今新年明けてすぐにこの記事を書いています。

きっとUPされるのは少し先の話だけれど、いつも読んでくださってる皆さんにご挨拶。

皆さんはどんな2021年をお過ごしになられましたか?

私の2021はまさに、激動、でした。

絵描きとしても、自分の生活スタイルとしても、

変化の大きな年になりました。

そして、自分の心にも大きな変化がありました。

よりナチュラルに。

地球とひとつになれた気がするというか。。

なんかね、これだけは自分の中の感覚なので、文章にすると難しいのですが、

簡単に言ってみると、無理をする場面が少なくなりました。

私は、無理ができてしまう性格なんです。

できると言っても、無理をしているのであって、その分ダメージはあります。

他人のために自分はいくらでも身を削れます。

しかし、2021年、やっと気付いた。

この生き方まじで燃費が悪すぎると。

もっと自分に焦点を当ててもいいのではないか?

そう気づかせてくれたのは、2021年に共に時間を過ごしてくれた仲間です。

ありがとう。

そして特に大きな変化をもたらしてくれたのは、

今書いている奄美大島で過ごした夏の1ヶ月でした。

都会の喧騒から一切離れて、筆もほとんど持たず、

毎日太陽の陽をたっぷり浴びて、たくさん食べて、たくさん寝て。

肌は勝手に日焼けして。

毎日自然と向き合って、自分を取り戻していきました。

何もいらない。

ただ生きられるだけの食とお金があれば幸せな生活。

人の心と心が繋がっているここの人間関係は、

都会で無理をしていた私に気づきをたくさんくれました。


今年は、去年たくさんパワーをもらって変化できた自分をもっと進化させて、

周りの人をハッピーにできるERIになりたいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。


さ! 連載の続き始まります。 




今日は起きた。

珍しく早起きに成功した。

5:30。

やっとサーファーらしい時間に起きられた。

なぜ早起きに成功したかというと…

少し前に来ていた台風のうねりが入っているのを知って、

いい波だと確信したからだ。


手広まで向かって、波チェック。

そしたら…

最高!!

面がツルツルのまるでパラダイス。


奄美の夏の醍醐味を目の当たりにした。


早速海に入った。

天気も良し。

とろける。

夏の奄美の海に入ると、体が勝手に溶け出す。

とろける。


透明で、青い海のうねりを見ると、

天国に来てしまった気分。

波はしっかりサイズもあって、最高。だ。

早起きできてよかったぁ〜。


台風うねりを十分に楽しんで、手広の駐車場でまったり。

今日は一日中波乗りできそうなくらい波がある。

そんな日の奄美のサーファーはみんなウキウキだ。

みんな手広に大集合する。

海にニコニコしながら入ってくサーファー達を今度は私が見送る。


駐車場でゆっくりして、家に帰ったら、睡魔が襲ってきて、

まさかの4時間も昼寝してしまった。

慣れない早起きに体がびっくりしたのでしょうか。笑


それでも起きたらまだ昼過ぎ。

適当にお昼ご飯を食べて、また海に入った。

午前中ほどは波はないけれど、それでも楽しめた。


夜は、繁華街の方に行ってイベントに繰り出した。

たまにあるDJイベント。

都内とまた雰囲気が違うので、すごく楽しいのだ。

特に島で流れるレゲエが大好き。

そんなこんなで深夜まで楽しみ尽くした1日だったなあ〜。






アーカイブはこちら

Tag

Writer