Own Beautiful Adventure in Bali 2 #7

KFCじゃなくてJFC

Contributed by Nachos

Trip / 2021.02.23

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第6弾は、再びバリでの旅の模様をお届けします!

#7

今日は珍しく朝からPC作業をしていたら、そっとZitaがパンを焼いて机に置いてくれた。
「先に海に行ってるねー!」
「うん!ありがとう!」



作業を終わらせて、海へ行く準備。
でも海に行く前に、以前から気になってたカフェへ寄ってモーニングコーヒーをゲット。




白を基調としたシンプルだけれど少しおしゃれ感が漂うお店。
ラテを飲みながらパソコンを覗き込んでいる白人のお兄さんを見て
次はここにパソコン持ってお仕事するのもありだな〜と心の中で思ってみたり。


カフェを出たあとは、さっきと真逆のローカル感あふれたガソリンが売っている商店へ。
このギャップにいつも面白さを感じるこのエリア。




この機械の前にバイクを止めてお店の中にいる人に声をかけ好きなガソリンを入れてもらう。
どのガソリンがどう違うのかわかっていないけれど、黄色の方が少し値段が高いから勝手に「いいガソリンなんだろうな」って思いながらいつも気分で選んでる(笑)。


ガソリンを入れてやっと海へと向かう。
今日は少し遅めの出勤です!(笑)


仲良しのMiと海上がり


上のカフェから「nachos!」と呼ぶ声が聞こえたので声の方に顔をあげるとコリアの友達カップルがカメラを構えていてくれた。
「いつも写真を撮ってくれてるからね!今日は私たちが撮ってみたよ!」
2人ともニコニコ笑顔。

Miはロシアからバリに移住してきていてswimsuitsなどのブランドを経営しているアクティブガール。
サーフ、バイク、ダンス、柔術といろんなことをしているけれどやっぱりサーフィンが一番好きって言ってた。


海上がりのココナッツ。

ストローはないからそのままゴクゴクと豪快に飲む。ある意味プラスチックフリーのエコスタイル。(本当はただマイストローを忘れてきただけなんだけど)



今日の夜は友達とご飯を食べに行く約束をしていたので、海帰りはバイクでチョロチョロ走り回り用事を済ませvillaに戻ってきた。


今宵のメンバーは韓国のZita、シンガポールのBeckie、フィリピンのJude


その4人でジャンクフード会と題し
KFC(ケンタッキー)の偽物? インドネシア版KFCの『JFC』笑と言う名前のお店が選ばれた(笑)。
もちろん全員初めて。





実はこれには訳があって、とある撮影の現場が”ローカルなお店”と言う指定があった為、みんなを誘って下見がてらここにきたって訳。
普段行かない感じのお店にみんな興味津々。


みんな楽しそう(笑)。



結局食べきれなくて、villaで宴会しているみんなにテイクアウトすることに。
内心「みんな食べるのかなぁ?」と思っていたけれど、すでに酔っ払いのサーフキャンプのみんなはマシッソヨマシッソヨ!(美味しい)って食べてくれた。良かった!
(そのあと宴会に引き込まれたのは言うまでも無い…)

そうそうお店を出ようとした時にスコールが近づいてきてて、ローカルのお店の余韻とかバイバイとかそんな時間ないくらいに必死にカッパを着てバイクに乗り込んでダッシュで帰ったんだっけ。思い出したらちょっとクスってなった。

バリでは基本みんなバイクだから雨には敏感でどれだけ雨を避けられるかがポイント。
カッパを忘れた時の悲しみと言ったら…ねぇ(笑)。

続く。


アーカイブはこちら

Tag

Writer