Hola Barca! #14

行き当たりばったりバルセロナ奮闘記

やっぱりお米。

Contributed by Miyu Fukada

Trip / apr.29.2020

逗子からバルセロナに活動の拠点を移し、現地での生活に奮闘する写真家Miyu Fukadaさん。彼女の行き当たりばったりで、面白さ溢れる新鮮な日々の様子を毎週水曜日にお届け!

#14

先週末から子供は保護者同伴で外出許可が出て、近所のMACBAには子供の遊び声が響き、少しずつ回復にあるバルセロナからお届けしています。

写真を現像しに行くお店もずーーーっと閉まっていたんだけど、昨日、「今週の水曜日から開くよ!」と連絡が来たので、早速本日溜まりに溜まったフィルムをすべて現像に出しに行ってくる!

私の楽しみ。やっぱ写真が大好きだ。

といってもContainerに載せているiphoneの写真は我ながら結構ひどい(笑)
フィルムで写真を撮ってる時とiPhoneで写真を撮る時は、こち亀の本田くらい全然違う気がする。例えが合っているのかわからないけど。

私もスーパーに行くついでにかなりの遠回りをして、季節が変わり春の匂いのする街を歩くのが好き。

お花がけっこう咲き始めている!

先週、近所のスーパーに行く途中で、たまたまバルセロナに10年以上住んでる日本人のケンさんに出会った(アーティスト兼ジンジャービールなども作っているマルチな人。ちなみにケンさんはクラウドファンディング形式でTシャツを作っている。背中のグラフィックがバルセロナっぽくて可愛い。値段も高くないので、チェックしてみて!)

相変わらず食べ物の話に。(2mくらい距離をあけての立ち話)「Quarantineの前から中国系のスーパーが全部閉まっていて、餃子の皮とかごま油が買えないので困っている」と言ったら、家からすぐ近くの普段あまり通らない道にある中華系スーパーにあると教えてくれた。その日に早速行って、餃子の皮とかワンタンの皮とか色々買えてテンションが上がった。餃子とワンタンが立て続けに食卓に上がった我が家です。って食べるの自分だけなんだけどね。

NYのチャイニーズによくあるチキン&ブロッコリー。再現成功。

回鍋肉(豚じゃないけど)。

買ったワンタンの皮で早速ワンタンスープ。相変わらず空芯菜にハマってる。

ある日の空。

皮つながりで、バルセロナはすぐにパイ生地とかピザ生地が売り切れる。たまたま行ったらまだ売っていたのでゲットして、マックのアップルパイを再現。うん美味しい。

念願の餃子。24枚入りの皮。全部包んだから一気に食べようと思ったけど、太りそうだからやめた。

そして翌日は水餃子に。香味ソースと一緒に。

青梗菜をゲット! そう、空芯菜にちょっと飽きたの。

皮が続いた夕食ですが、やっぱりお米が食べたくなって、スーパーで買ったモモ肉だと思っていた鶏肉がなんと皮なしの骨つきだった。親子丼にもできないなーと思っていたところで、たまたま目に入って来たメニューがカオマンガイ!

FBで結構前に発見したこのおばさんのレシピが最高すぎて…。
https://www.marionskitchen.com

Khao Mun Gai。ちょっとした工夫で最高に美味しかった。なのにちょー簡単。レシピは上のリンクで検索できます。

やっぱりお米が好き。

バルセロナに来てからはあまりパンは食べていません。スペインに引っ越すことにした理由の1つにお米文化があること。(パエリア)
まだお店ではパエリアは食べてないけど、こっちの友達に言わせると、パエリアは家庭料理なので、やっぱり家で作るのが一番美味しいんだとか。確かにオルガが作ってくれたパエリアって名前ではないけどArroz Negroは本当に美味しかった。

南米もお米文化だから住めると思う。

さあ、今週の写真をどうぞ!

マイバルコニー。

いつも空いてるレストランはこんな時だからこそシャッターが閉まっていて新しい発見!

日本だとお寺の鐘ってなんか落ち着くけど、それに変わる教会の鐘の音色もなんか落ち着く。

可愛いシャッター。また発見。

気になる。

家のすぐそば。通りに人も増え始めました。

こないだの土曜日。天気も最高で買い物に出かける人がたくさん。

My neighbourhood。

Juntos スペイン語で一緒の意味。これをテーマにしたZINEをただいま作成中。

外はすっかり春。

誰もいない道。遠くのてっぺんに見えるのはTibidabo。

マスク親子。

primavera!

primavera!

前に住んでいた家の近所。

さあ、現像屋さんまで歩いて行って来まーす!

アーカイブはこちら。

Tag

Writer