Golden State of Mind #2

年始早々、カジノ?!

Contributed by Anna Nakamura

Trip / sep.28.2020

船橋市生まれ、西予市育ち、梅田で英語を学び、アメリカのカリフォルニア州・サンタモニカ市に留学。9ヶ月目を境に新型コロナウイルス感染拡大や人種差別に対する暴動など複数の変化がきっかけで、同じカリフォルニア州のトーランス市へ移住したAnna Nakamuraさん。この連載では移住後半年が経った今、ベランダでプールを眺めながら、日々の出来事綴っていきます。

#2

2020年1月、年始早々人生初のラスベガスに行きました!
前回の記事でどうして日本に帰国することになったのかなどを書かせていただきましたが、今回の投稿からはロサンゼルスにいた時に行った旅先を振り返って書いていこうと思います。で、冒頭にもあったように今回はラスベガスに行った時のことなのですが、急に隣の州!? と思われた方もいるかもしれません。ラスベガスまではロサンゼルスから車で片道約4時間! 意外と近いです。朝早くに出発し、私はその頃免許がなく運転担当ではなかったので道中は半分くらい景色も見ずに夢の中へ…。



ラスベガスまでの道のりで何箇所か停車し、夜9時ごろにホテルに到着しました。ちなみにホテルはMGM Grandホテルに泊まりました。初めて行くラスベガス、初めて見るカジノ!! 早速私も人生初カジノ〜♪っとノリノリだったのですが、私はその頃まだ20歳。カジノができるのは21歳からで、私はバカラやポーカーやルーレットはもちろん、カジノのエリアと通常のエリアで絨毯の色が違うのですが、カジノエリアの色の絨毯を踏むことも許されませんでした…。



カジノ目的でラスベガスに行った訳ではないので、今回は他のことをして楽しもう! ということで、夜のネオンカラーの看板や、巨大ホテル、エッフェル塔などが立ち並ぶストリップへ。まずは、ニューヨークニューヨークホテルのジェットコースターに乗りに行きました(笑) 。街を歩きながらたまたま面白そうだったので乗ったのですが、実はこのホテルと私が泊まって いたMGMホテルは連絡橋で繋がっていて室内を通っていけるそうです。どんだけ広いん!? とツッコミたくなります(笑)。ゲームセンターの奥に乗降口がありチケットを買ってロッカーに荷物を入れ、いざ!!
(乗車中…)
はい、戻ってきました。私は割と絶叫系は得意な方なのでスリルとしてはちょうどよかったですが、なによりまあ夜景が素晴らしかった。人工的なものではあるけれどネオンカラー溢れる街が一望できました。その後も、ストリップの街を歩き回り目的地としていたベラージオの噴水ショーをみて写真を 撮りまたMGMへ帰って行きました。とまあ、こんな感じです(笑) 。メインの目的が観光ではなかったのであまり遊べませんでしたが、ラスベガスへはまたカジノを楽しむためにリベンジしたいと思います。先日21歳になったのでもう合法です!(笑)

ラスベガスへの道中に寄った場所などもまた次回まとめて書かせていただきます! ではこの辺で〜。



アーカイブはこちら

Tag

Writer