FRIEZEに行こうよ②

GET BACK YOUR "RAW" ! #18

FRIEZEに行こうよ②

Contributed by ERI

Trip / 2021.02.04

モノにあふれる現代に疑問を持ち、着飾らない自然体でいるスタイルの美しさをアートを通してメッセージし続けているアーティストERIの連載GET BACK YOUR "RAW" ! アートにルールは無い。その壁をこえてゆけ! アーティストERIとしての生き方探しの記録 in ロサンゼルス。

#18

こんにちは!
今週も覗いてくださってありがとうございます!
実はこの連載も後半戦になり、終わりが見えてきました。。
今年の夏から始めさせていただいて、もう年も明けて、
何だか寂しい気分です。

というか、このLA旅行からもうすぐ1年経とうとしています。
早いなあ。
マイケルと渋谷で出会って、即決でLA行きのチケットを買って。
そしたら人生が変わった。

家に籠ってたら絶対に見れなかった光景。

今は簡単に外には出られないけれど。。

去年勇気を持って行ってよかった、な。

あ、まだ終わりではないのでもう少しお付き合いください。



前回、LAのアートフェスの中でも有名なFRIEZEに行ってきました。

そしたら、何だか想像と違いました。

悲しい。

けれど、私とアレックスは諦めない。

スタジオで、この前の続きを仕上げようか。

と、言うことで。

娘ちゃんと奥様はお洋服のショッピングに出かけました。



スタジオに着いて、

また試行錯誤。

大人になると、新しいものに触れる機会がかなり減る。

新しく挑戦することも、もしかしたら減ってるかもしれない。

この時の私の心情は、

“抽象”とは。


もはや抽象画を「抽象」という言葉で表すのでさえ、

抽象画ではないのでは?


って感じでよく分からないループに入ってました。

面白いね。

考える時間。

でも考えすぎて、結局わからなくなった。

何色から手をつけていいのかも、ぐちゃぐちゃになってしまった。

だから、原点回帰で自分の好きな色だけ使うことにした。


アレックスは私にまっさらなキャンバスを5枚ほどくれた。

改めて目の前にしてみるとわかる。

キャンバスってこんな広かったっけ?

こんなまっさらだったっけ?



「埋めなきゃいけない」


こんな感情からも放たれて、自由に。

目の前のキャンバスは、自分だけの遊び場。

頭の中を映してごらん。

これまでに感じたことや、学んだことが頭の中を巡って

結果、満足できる作品はこの2つでした。





半年以上たって、今この作品を見ると

相当迷ってたな。

って言うのが伝わってきます、笑。


自分の中の感情を表現したのですが、

この人間らしさも大事にしていきたいなと思います。

完璧主義になりかけていた自分を縛っていた縄をほどき、

もう少し、

ゆったり、自由に。

豪快に。

やるときはやる。


そして最終的には、周りにいる人を幸せにできるように。

そこまで考えさせてくれた、この体験に感謝です。

アレックスありがとう。


2日間付き合ってくれたアレックスとは、ここでお別れ。

たった2日間なのに、それ以上の体験をさせてくれた彼に

心からの感謝。

ありがとう。




そういえば、2ヶ月ほど前に船便で送った作品集も届いたらしい。

よかった!



アーカイブはこちら

Tag

Writer