LA最終日 / NYC初日

About Time #15

LA最終日 / NYC初日

Contributed by Sho Mitsui

Trip / 2021.11.26

1年9ヶ月ぶりにアメリカに旅立った通訳・翻訳家&カルチャーコーディネーター兼英語教師の三井翔さん。著名人からアップカマーまで、アメリカ国内に謎のネットワークを持つ彼にしか見えない、コロナ禍以降のアメリカの「リアル」を毎週お届け。

#15

今日は特別早起きだ。

何故かって?

午前7:30のフライトだからだ。

Ryanは一応1時間前には着いていた方が良いと言っていた。

ということは、5:30に出れば間違いない。

じゃあ4:30に起きよう。

NYCに着くのは午後4:00。

妹でフードスタイリストでContainerやanna magazineにも大変お世話になっている薫から、友人であるPojoにギフトを渡すよう頼まれているので会う。

その後は...出来立てのFucking Awesome NYC店やBoweryに移動したSupremeの新しい店舗をチェックアウトしよう!

とか企んでいた。


が、


全て夢と化してしまった。


何故なら、


寝坊をカマしたからだ。、


僕、滅多に寝坊しないんですよ。


寝起きとかもめっちゃ良いんですよ。



でもダメでした。


今回ばかりはやってしまいました。


起きたの午後6:48...


前日結構夜遅くまでNeck DeepやRyanとチルしてたし...
やっぱり、早起きする時は早寝に限るっすねwww


というわけで、とりまUNITED AIRLINESに電話を。でも、電話したらソッコーでフライトの変更を無料でしてくれてホント感謝。確実に課金するハメになると思った。

LAX空港までUBERでレッツゴー!

「時間は大丈夫?!」と、ドライバー。

「大丈夫!なんせもう間に合わないからwww」と、僕。

呆れ顔で、「まあ、ベストは尽くしてなるべく急ぐわ」と、優しいドライバーだった。

さて、空港に着いたが良いが、時間は午前8:00とかだ。
僕の新しいフライトは午後2:30。NYCに着くのは時差もあるから午後10:40。Pojoにも会えない。



僕: 平謝り
妹: おこ
Pojo: 優しい



時間は持て余す程あるので、ご飯を食べることに。ピザはなかったので、モーニングバーガーを頼んだらこんなのが出てきたw
これでも$17くらいする。こんなの、日本で出したら作り直しだろwww
こういう大味なアメリカの感覚は嫌いじゃないけど、基本ピザ以外全部日本の方が美味しいと思う(食べ物はあくまで個人の意見ですwww)。

食べ終わったら、この#13#14を一気に書き上げ、飛んだ。



バイバイLA! 本当に実りのある日々だった! 皆んなありがとう!
(ちな、飛行機に搭乗後3秒で寝たので、この写真は途中起きた時にパシャリしたどこか分からない場所になりますw)

そして、着いた。



すごいよね。
「ど真ん中の黒い長方形がセントラルパークになりまぁーす。その右のギラッギラがタイムズスクエアでございまぁ〜す」
という、ツアーガイドの声が聞こえて来そうな夜景が撮れた。「寝坊して良かったかも」と、この景色を見た時少し思った。
でもPojo、本当にごめんなさい💦

荷物をゲットしてUBER待機所にいると、おっちゃんに話しかけられる。

「ここにいてもUBERはなかなか来ないぞ。俺ならソッコー乗せてやれる。UBERよりも安くしてやる」

調べたらUBER XLが$73で、おっちゃんの車はXLサイズなんだけど、$70にしてやるというのだ。
XLもいらないよーって思ったけどもう午後11時でクタクタだったので、乗ってしまった。

「分かったよ。乗るわ」

このおっちゃん結構面白いやつで、乗ると決まったらめちゃくちゃもてなすし、
「ここはフォトスポットだ!写真撮った方が良いぞ!」とか、賑やかだ。



で、撮った写真がこれw まあ、確かにマンハッタンが奥に見えるのですが肉眼で見た時の感動は全く伝わりませんね。ごめんなさい。

「New Yorkは最高だ!一生懸命働けば、沢山稼げるしな!俺はインド出身だが、インドは最低だ」

とか色々言ってた。そうかー。一生懸命頑張ってんだな、おっちゃん。偉いな。

しかし、目的地に着いた時それは起きた。

「キャッシュ?クレカ?どっちで払う?」

「キャッシュで」僕が答えると

「キャッシュはいいぞ!キャッシュは。税金無しにしてあげよう」

ん? UBERの値段表記って税金込みじゃね? とか思いながら、

「ありがと」と、$70現金で渡すと、

「高速代で$10だ。高速代は含まれてない。あと良かったらチップも」

は?! いやいや、UBERが$73でおっちゃんは$70だから乗ったんじゃん! どゆこと??? 俺UBERでチップしたこと無いし!

って思ったけど、やっぱり疲れててヘトヘトだったので$10をさっと払って車を後に。

やっぱ、ああいうキャッチはろくなのいないな...と思いながら、おっちゃんの言葉を思い出す。

「New Yorkは最高だ!一生懸命働けば、沢山稼げる」

あーあ。やられたわーwww



アーカイブはこちら

Tag

Writer