デスドライブで繰り出す夜のLA

GET BACK YOUR "RAW" ! #7

デスドライブで繰り出す夜のLA

Contributed by ERI

Trip / oct.01.2020

モノにあふれる現代に疑問を持ち、着飾らない自然体でいるスタイルの美しさをアートを通してメッセージし続けているアーティストERIの連載GET BACK YOUR "RAW" ! アートにルールは無い。その壁をこえてゆけ! アーティストERIとしての生き方探しの記録 in ロサンゼルス。

#7

こんにちは!
今週もERIの空間へようこそ。
9月も早いもので半ばですね。
この連載が週に一回更新なので、読むたびに「1週間は早い」と思ってる方も多いみたい。
今年もあっという間に終わってしまいそうですが、まだまだ楽しみましょう!
秋だ!!
アウトドアがより気持ち良い季節…。
キャンプしたいな、芝生の上で寝たいね。



前回はホームレスの集まるストリートを通ったところまでお話しました。
今回は、ファンシーですよ。雑貨屋に行ったり♡

LAのダウンタウンに、アートディストリクトというエリアがあります。
そこには洗練されたかっこいいお店がたくさんあります。

特にお気に入りだったのが、Dover Street Market Los Angels。
洋服から雑貨まで置いてあるセレクトショップです。
空間自体がまるでギャラリーのようでした。
アパレルに関しては、結構ハイプ系が多かったかな?
あーーあの財布を買っておけばよかった。
店員の中に日本人もいた。
忙しそうだったから話しかけられなくて残念だったけれど…。
日本でも展開されているのは知らなかった!
帰国してから見に行こうと思って、かれこれ半年が経ってしまった…。
来週あたり行ってみようかな。

Dover Street Market Los Angels
608 Imperial St, Los Angeles, CA 90021 アメリカ合衆国

次に向かったのが日本でもお馴染みのカフェ、Earth Cafe。
まあ、でかい。
飲み物もケーキもサイズがでかい。
サイズもEarth。地球レベル。でっかい。
タピオカはメニューになかった気がする。
日本だけ異常にタピオカ流行っているのかな?
ケーキも美味しくいただきました。
でもデカすぎたからさすがに半分で(笑)。

その後に少しだけ画材屋に寄った。
もうね、テンションが上がり過ぎちゃわ……ないように気をつけて、
気持ちを抑えつつお店をぐるり。
危なく初日に散財してしまうところだった。
やっぱり日本より画材の価格が安いなあ。
サイズも十分だし。いいな〜。

ホテルに先に寄って荷物だけ置かせてもらって。
いい感じの夕暮れになり、Sさんとはお別れ…。
本当にありがとうございました。
こんな久しぶりなのに、一緒に遊んでくれてありがとう!
昔のバイト先の大階段をたくさん登ったのが懐かしい。

さて、私は相方のKを迎えにまた空港に戻らねばなんですよね。
行きに乗ってきたバスに乗るんだけど、また迷子。
ここで、日本でいただいたSIMカードを差し込んでようやくインターネットが開通。

遅。

無事に空港に着き、Kと合流。
合流した時のKは、冷静を装っていたけど私は分かっていた。
めっちゃニヤニヤしてるこの人(笑)。

合流して向かったのは、レンタカーショップ。
カウンターのお姉さんに車種のアップグレードを勧められたけど、初めての運転のわたしたちは一番かわいいい車にした。
いつか車高がめちゃ高い4WDの車とか、スーパーカーに乗りたいけれど。
See you againしないように気をつけなければ。

私は助手席。
Kは運転。
いきなり夜のハイウェイに出てテンションもマックス。イエーーーーーーーイ!!!!
信号が赤だって右折できちゃうよ〜!

と、まあかなりの安全運転でホテルに到着。
車はホテルの目の前にバッチリ停めた。
バッチリだった。この時は。

チェックインして案内された部屋の壁が真っ黄色で可愛かった。
でもね、外の音が丸聞こえだった。
パトカーの出動のサイレンやら、人の叫び声やら…。
「銃声……?」

この音の秘密は、アレックスと後で会うとき答え合わせすることに。

部屋でひと息ついて、グリフィス天文台に向かった。
平日なのに人が多かった。
まあ観光客だらけだから関係ないか。

天文台からは、LAの街を見下ろすことができた。
綺麗だったな、今日から1週間この街に飲み込まれるんだ、私。



しばらくしてホテルに帰ってきた。

今日は疲れたから寝ちゃおう。

無事に宿まで戻ってこられてよかった。
次回からLA街歩き篇がはじまるよー:)


LAへ行く数日前の私

アーカイブはこちら

Tag

Writer