Mamma mia! #71

夏は南へ

Contributed by Aco Hirai

Trip / 2021.08.31

イタリアに活動の拠点を移し、フリーのエディター・ライターとして活躍するAco Hiraiさんの生活をパーソナルな視点で綴った連載「Mamma mia!」。本格的な夏の到来とともに、今年も南へやって来た。海の匂いや夏の風、建物の色や夜の雰囲気がやっぱりたまらなく好き。

#71

ヴァカンスのため2週間くらい連載をお休みさせてもらって全力で楽しんで、先週無事に戻ってきたのでContainer復帰しました!
改めて2021年、後半戦もよろしくお願いします!

さて、ヴァカンスということで未知なる土地に足を踏み入れ、キラッキラの海でプカプカ浮いてみたり、珍料理を目の前に発狂したり、ふとエモーショナルな気分になって涙したり、ホスピタリティの塊みたいな人に出会ったり、本当にいろんなことがあった。
そんなヴァカンス話は写真をまとめ次第、来週ぐらいから書かせてください!

なので、今回はヴァカンス前のお話と南イタリアの風景をお届け。

夏は南へ。
いつ誰が決めたわけでもないけど、この暗黙のルールが破られることはほぼない。
日本にいようが、どこにいようが同じ。
ということで、今年の夏も迷わず南へ下ってきた。

イタリアでは8月6日から店内での飲食や美術館や映画館に入るのにグリーンパスが必要になったので、とりあえずグリーンパスをダウンロード。
以前はシステムが追いついていなかったのか、1回目のワクチン接種から15日経過してもグリーンパスをダウンロードできなくて苦戦していたけど、ある日突然システムが改良?されたのか無事にダウンロード完了。
手元にグリーンパスというやつがやってきた!


グリーンパスがダウンロードできなかった頃は、1回目を接種した証明書を持ち歩いていた。


建物の間からハーバーが見え隠れする感じが好き。


ローカル感漂うビーチ。昼間は日差しが強すぎるので、海に入るのは夕方6〜7時半ぐらいがちょうどいい。


砂浜で見るサンセット。毎回心が浄化されたような気分になる。


帰りの夕日。海に沈んでいく夕陽は美しくて儚くて、やっぱり好き。


とある日、ワインを飲みに行くぞ! ということで連れてきてもらったワインバール。脇道のようなところにテーブルと椅子を出して飲むスタイルが結構好き。座り心地はイマイチだけど(笑)。


どこなのか、なんてお店なのかも分からないこのワインバール。ワインが美味しかった♡さすがです!


私のお気に入りのピッツェリア。鮮やかな盛り付けもお見事!


では、来週からはヴァカンスのお話をお届けします!

おやすみなさい。



アーカイブはこちら

Tag

Writer