anna magazine #11 SPECIAL FEATURE

世界のビーチガールが集まる バイロンベイ

Beach Girl:Byron Bay

photograph: Chrystal Dawn
text: Akemi Kan

Trip / 2018.07.17



オーストラリアの最東端にあるバイロンベイ。イギリスの探検家ジェームス・ クックが名付け親のこの街は、イルカやクジラが頻繁に訪れるタスマン海、豊か な緑に囲まれた街並み、そして名高い サーフタウンならではの極上ブレイク など、知る人ぞ知る魅力がたっぷり。街 の側にあるメインビーチが観光客には 有名ですが、今回は地元サーファーが多 く集うThe Passというビーチでスナッ プ! ゆったりと波に乗る“ロングボード”に適したこの場所には女性サー ファーも多く、いつもメローで優雅な雰囲気。バイロンベイらしい時間が流れるこのビーチから見える夕日もまた、息を呑むほどに美しいのです。

1. Ambre Victoire Damestoy
フランスのボルドー地方生まれの彼女は、地元のビーチブレイクで波乗りを覚え、バイロンベイに移住後さらにサーフィン熱がアップ。オーストラリア発信のサーフブランド「リズム」 の水着で、この日も夕暮れサーフィンを楽しむ予定。

2. Annalisa Fiorini
イタリアから移住してきた彼女は、1年半前からサーファーに。カリフォルニア生まれながらヨーロッパに移り住んだスタイリッシュサーファー、ロビン・キーガルがシェイプするGato Heroiのサーフボードがお気に入り。

3. Lucia Bedia & Sophie Wilkins
世界中から注目されているバイロンベイは、意外にもヨーロッ パからの移住者も多数。この二人もスペインから2年前に移 住してきたそう。ボードは、この地発祥のVOUCHとカリフォ ルニアの老舗ブランドBing Surfbords!

4. Carly Luven Brown
サーフィン歴は10年以上。バイロンベイ生まれのローカル サーファーは、週に何度も海に向かうのが当たり前。ここから 車で北に4時間ほどの場所にあるロングボーダーの聖地 ヌーサで生まれたFUYUのボードを愛用中。


5. Alba Bertalo & Clara Alegria
こちらもスペインからの移住組。バイロンベイに来てその波の 魅力を知り、サーフィンをスタート。彼女達はビーチでゆっく り読書や昼寝を楽しんだ後に海へとパドルアウトするのがス タイル。海辺での過ごし方も上手です。

Tag

Writer