なんでもない日

CIRCULATION #15

なんでもない日

Contributed by ERI

Trip / 2021.12.10

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の”CIRCULATION”が詰まった連載!


#15

次の日。

夜中まで続いたミーマンでの宴会を終えて、

結局寝たのは朝の4時。

でも、やっと奄美に帰ってこれたんだから、

「今日も早起きしよう!」と思い、

8時には起きた。

頑張った方だと思う…。

旅の最初の方って、気合いが違うから、ちゃんと起きられるよね。

(後半になってくると起きられない)


今日は、グリーンヒルのサーフスクールの引率を(?)する予定だ。

ユウトさんに連れられて、とあるポイントにお客さんと向かった。

そこは、波は穏やかで、天気も晴れていて、最高に透き通っていた。

早速、海に入ると、、

ん?!

なんか波がボヨンボヨンしている感じ…。

すごく乗りづらい!笑

その理由は、バックウォッシュ。

バックウォッシュとは、沖から来た波が陸地で崩れた衝撃で、

沖に向かっていく波のこと。

つまり、陸側からくる波、って感じかな。

そこのポイントには堤防があった。

だからそれに跳ね返ってバックウォッシュが発生していた。


なんとかテイクオフするも、ボヨーンっと跳ね返されては板から落ちる、、

という無限ループをしていた(笑)。

サーフィンというよりかは、ただの筋トレ(笑)。

でも、朝から海に入れて幸せです。


すっかりお昼になって、日に焼けてヘトヘト。

家に帰ると、クレアはまだ寝てた。

「おーい、もうお昼だよ〜」

クレアを起こしてみたけれど、

マモモを撫でながら寝落ちしてしまった。


1時間くらい寝た後、

もう一度歩いて手広海岸に向かった。

そしたら、いつものみんながベンチに座ってた。

話してたらいつの間にか日が暮れて、

1日が終わろうとしていた。


今日もなんでもない日。

なんでもないようなことが、幸せなんだと思う。

これ、本当だ。




アーカイブはこちら

Tag

Writer