優しいクエストゥーラのお兄さん

Mamma mia! #79

優しいクエストゥーラのお兄さん

Contributed by Aco Hirai

Trip / 2021.10.26

イタリアに活動の拠点を移し、フリーのエディター・ライターとして活躍するAco Hiraiさんの生活をパーソナルな視点で綴った連載「Mamma mia!」。トレンチやレザーJKでは寒さを凌ぎきれない寒〜い季節の到来。はぁ〜、心地よい太陽の光が恋しい。

#79

イタリアでも梨の季節がやって来ました〜!
日本と違ってイタリアでは今がシーズン(な気がする)。

イタリア産の梨。想像以上の美味しさと言うのもあってシーズンが来るとついつい買ってしまう。

梨はイタリア語でもNASHI(ナシ)!
あと、柿もCACHI(カキ)。
覚えやすくていい!!
柿は、本当はイタリア語でDIOSPERO(ディオスペロ)とか言うらしいけど、日本語名が定着して、スーパーでもCACHIって表記してある。

さて、今週はちょっとバタバタしていたので学校をお休み。
そういえば! 結局いまだにペルメッソ・ディ・ソッジョルノというイタリアの滞在許可証が届いてない。もはや、受け取ってないことすら忘れかけていた最近。
でも大事なものだし、ないとやっぱり困るので、クエストゥーラの移民局へ行って来た。

寒々しさが伝わってくる冬の空と、クエストゥーラ。

いつも対応してくれる受付の優しいお兄さんは私のことを覚えてくれているので(何度も話してお互いを認識している)、話はスムーズだと思って余裕げに向かったところ、
「なんで来たの?」
とか言われ、
「前回、学校が追加書類を再送して、受け取ったのを確認してくれたじゃないですか!?(学校と電話を繋いだ状態で送ってもらい、その場で受信したのを確認した)でも、その後クエストゥーラからメールが届かないから来ました」
と言うと、
「そうだったね、ちょっと確認するね」と言って、私のパスポートを持ってオフィスへ入っていった。
そして2分後。
「メール届いてなかったよ、もう1回追加書類記入して送ってくれる?」
って言いながら戻って来た。
いくらイタリア語のレベルが低くても、それぐらいのこと聞き間違えることはないと思ったので、
「前回、この場で私に受け取ったって言いましたよ。届いてないなんてありえない」
と、強気で言った。
すると、
「誰が?」ととぼけ始めたので
「あなた!あなたが私に言いましたよ」
ってつい2度繰り返してしまった(笑)。
そしたら、また確認しにオフィスへ入って行って、5分後、
「これかな?」って言いながら彼が戻って来た。その手にはA4サイズの書類が。
「はい!これです!!!」
あんのかよ!!!と荒々しく突っ込みたくなったけど、
「ついに〜!!!よかった〜」って言葉に置き換えた(笑)。
すると、
「来週か再来週には受け取りの連絡がいくよ、よかったね」
と言ってくれた。
でも、もう何を言われても不信感が半端ない、私(笑)。
きっと1ヵ月経っても連絡が来ないだろうからまたこっちから出向きますよ、って気持ちだ。

でも、ここのクエストゥーラのいいところは、このお兄さんを始め皆さんがちゃんと話を聞いて問題を解決しようとしてくれるところ。本当に訪問者みんなに優しい。前のクエストゥーラみたいに傲慢な態度で、「俺たちは知らない」とか「届かないなら待て」とか言わないところ(笑)。

今回の書類の件ですでに4回も出向いて話しているので、なんだか二人の間にチームワークが芽生えた気さえしている(笑)。

行くたびに親身になって対応してくれる、お兄さん、いつもありがとう!

パニーノをテイクして公園でランチしていたら、コートでイケメンがバスケを始めた。

時々ランチをするカフェ。必ず同じ席に案内される、なぜだろう?

週末はしゃぶしゃぶの日。豆腐を食べるのは1年ぶり。ゴマだれなんて3年ぶりかも。

友達が連れて来てくれたエキゾティックなバール。ローカルでアットホームな感じがいい!

大好きなポルチーニの季節なので、ポルチーニリゾットを。ドライポルチーニとパンチェッタと冷蔵庫に取り残されていたエシャロットを入れて。たくさん作りすぎて食べきれない。

では、今日はここまで。
また来週!
おやすみなさい。


アーカイブはこちら

Tag

Writer