anna magazine vol.11 "Back to Beach" editor's note

「旅のはじまりは、ヒューストンから」

anna magazine編集長の取材日記

Contributed by Ryo Sudo

Trip / 2018.05.08


「旅のはじまりは、ヒューストンから」


3月19日、出発。

飛行機を予約した時には三列シートの真ん中しか空いていなかったけれど、
隣の乗客がこなかったから、窓際に移動できてラッキーだった。

飛行機内で瞑想にチャレンジしたけど、なかなか集中できない。
とりあえず機内コンテンツの新作映画2本と、スクールオブロックを観る。

いつも同じだけれど、これから始まる旅の期待感と、面白いネタに出会えるかという不安で、そわそわと落ち着かない。
英語が話せたら、少しは変わるのかも。
けど「知り過ぎ」も面白くないから、いいのか。

機内Wi-Fiはとても便利。

飛行機の窓から見える風景はいつもロマンチックで胸がキュンとなるけど、アメリカも日本も、国土のほとんどは山とか田畑とか、人が住んでいないところばかりなんだと実感する。


アーカイブはこちら↓

The Route #10「シャンプーとキメ顔」
The Route #9「アベンジャーズとロードトリップ」
The Route #8「プロ給油師、登場」
The Route #7 We left my heart in Albuquerque.
The Route #6「俺はNHKに出たことがある」
The Route #5「ポテトサラダ・グレイビーソース」
The Route #5「コンチネンタルブレックファースト」
The Route#4「タランティーノがいるところ」
The Route#3「君たちはくら寿司の店員なのか?」
The Route#2 「こちらヒューストン、聞こえる?」
The Route#1「旅のはじまりは、ヒューストンから」

Tag

Writer