人と人

CIRCULATION #10

人と人

Contributed by ERI

Trip / 2021.09.17

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の"CIRCULATION"が詰まった連載!


#10

2017年7月

初めて奄美に訪れた日から2年が経っていた。

どうしてこれほど期間が空いてしまったのか?

それは、まだ行ったことのない「エリ未開の地」に世界中バックパックを背負ってまわっていたからだ。

でも、ある時「やっぱり日本が好きだ」と感じる場面があった。

あ、そういえば、、

奄美のことを思い出した。

忘れてたわけではないのだけど、

また奄美に行くタイミングが来たんだ!と思った。



私にとって奄美大島ってなんだろう?

奄美に行く時は、いつも突然。

あ、そろそろかな?

そんな感じで。



ご縁がないと来られないと言われている島。

自分に合った場所って、あると思う。

ここ奄美大島は、合う合わないが顕著に現れる場所なんだろうな、と感じている。

Iターン(アイターン)と呼ばれる移住者が多いのも事実。

その逆で、帰ってしまう人も多いのもまた事実。

しかし生活のスタイルが、ピタッとハマると、

とことんハマる島。そして移住。

たしかに、私の個人的な感性でいうと、

ハマってるひとと、そうでない人の顔つきって

若干違うと思う。

住めている人は、顔が完全にリラックスしていて、力が入ってない。

島のリズムに乗って、流れに身を任せられる余裕があって。

そして、人情。

人と人が頭じゃなくて、心で繋がっている。

損得で動かない人たち。

困っている人を、当たり前に助けてあげる。

なんだか当たり前に聞こえるけれど、

今の私たちに忘れていたことを

思い出させてくれる。


詰まった心を空っぽにしてくれて、

あったかい気持ちをまた詰め込んで、

またおいでって言ってくれる島の人が大好きです。







アーカイブはこちら

Tag

Writer