海を越えてきたラブレター

Own Beautiful Adventure in Japan -Hokkaido- #29

海を越えてきたラブレター

Contributed by Nachos

Trip / 2022.01.06

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第7弾は、日本での旅の模様をお届けします!今回は北海道篇です!

#29

「日本で会ってみたい子がいるんだよね」

「え? まだ会ったことないの?」
「そのうち絶対会うよ」
そう言われ続けてきた。

そんな彼女は私以上にコアでアグレッシブに世界、日本国内を飛び回っていた。

そんな事を言い続けていた私のもとに、何の前触れもなく一通のメールが届いた。

それは海を越えてやってきたオファーだった。
内容は、まさしく私が会ってみたいと願っていた、彼女のライフスタイルを密着撮影すること。

「!?!? えー!??」

メールには、企画書やイメージサンプルなんかが一緒に添付されていた。何やらカリフォルニアの女の子が企画者として動き、ニューヨークの出版社とタッグを組んでマガジンを発刊するらしい。
内容はこのマガジンに関わるすべての人が女性であり、世界中で活躍している各国のサーフウーマンのライフスタイルを特集するというものだった。
そして、その国を代表するサーフウーマン、女性カメラマン1人ずつが選ばれると言う。

今回、日本を担当するカメラマンに私を選んでもらったのだ。(嬉しい!)


“ Of course! I love it !!! ”
すぐ返事をした。

当然、海の撮影も水中、陸撮影のどちらでも良いけど必須条件らしい。
私はもちろん水の中から撮る気満々!!

...でもその時の私は今からどこに向かうかは知らなかった。



目的地はまだ雪が残る北海道。私にとって初北海道は素敵な予感しかない。

飛行機は空いていて3席シートに1人だけ。
何気なく横を見ると、反対側の窓際には私と同じような髪の毛の色をした男の子が座っている。
”この人はどこにいくんだろう? 私みたいに新しい場所へ胸を膨らませているのか。
それともお家に戻る途中の安堵感かなぁ”
なんてことを考えながら窓の外に広がる世界を眺めていた。



しとしと冷たい雨が降る空港に重たい荷物をガタガタとひきずり、北海道の地へと降り立つ。





そのまま電車に乗り込み、彼女の住む町まで向かう私は、早々に自然の洗礼を受けることになる。
電車に揺られ北海道の景色を堪能していた時に、電車が途中の路線からストップしているとアナウンスが流れた。



小樽駅で降りると、駅ではこの状況の対処法なんかをお知らせするアナウンスが流れていたり、駅員さんがナビゲートしてくれたりしていた。
しかし北海道の地名の読み方って難しい難しい。いったいなんて読むの??笑

アナウンスの地名と表示されている駅名が一致しなくて少しうろついていると、
構内スタッフに声をかけられた。

まさかの英語で。笑



この駅員さんのナビゲートによると、
どうやら私はここからローカル電車で行ける少し大きな駅まで行き
そこからは代行バスを2回乗り継ぐらしい。

途中の小さな中継地点の駅の周りは道が舗装されておらず、雨の中足元が悪い道をひたすら荷物を持ってバスが待つ場所まで歩く(線路も横切って柵を超えて歩かされた笑)。
この時は「まじかよ…」って思いながら必死にバスまで歩いたけど、今思えば笑話。
というかこの体験も旅のネタになる。



やっとの思いでバスに乗り込んで、スタッフに行き先を告げると返事が英語で帰ってきた(ここではスルー)。

そしてまたニセコの山の近くの駅までたどり着く。

ここからは…? と近くにいるスタッフのおじさんに声をかけた

「ここからはどうすればいいの?」

「あぁ、あなた日本語話せるんだね。大丈夫? オーケー?」
(私を日本語を話せる外国人だと思ったみたい)
「え、、、?」
と返事がきて流石に私も苦笑いしながら説明を聞く。 


そしてそこからまた小さな代行バスタクシーに乗る(乗らされた?笑)

窓の外は雪が上がりしとしと雨が降るグレーな景色だった。
しばらくすると山の中の小さな駅の前についた。

…というか、確か同じようなくだりがオーストラリア編でもあったな。笑
(バックナンバーさかのぼって見てみてね!)

「着いたー!!」
ドキドキしながら乗合いタクシーを降りる私。


さぁ、初めての北海道。今からどんな冒険が待っているんだろう。

まだ電車が止まっている事を把握してなく、ウキウキして降り立った小樽駅の構内での一コマ。



アーカイブはこちら

Tag

Writer