Own Beautiful Adventure in AUS #20

夕方の出来事

Contributed by Nachos

Trip / sep.03.2020

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第4弾は、オーストラリアでの旅の模様をお届けします!

#20

思う存分波乗りを楽しんだあとは、満足してに海から上がって、パーキングで着替えた。

心地いい風が吹いてきた。ふと目をやると綺麗なピンクのハイビスカスが咲いていた。
さらにいい気分になった♪



荷物を車に片付けて、トランクのドアを勢いよく閉める。
「は〜満足!!」

そのままD-barへ移動してまたすぐに波チェック。(笑)
ちょうどオーストラリアに来た初日に波チェックした場所。



オーストラリア終盤に、またこの景色を見ている。
今日はサーファーの姿がちらほら見える。

ずっと向こうには、前回貸切の波を堪能したフィンガル。
今回もここで波乗りしたかったなぁとしみじみ。

「今からどうしよっか」

ふらりとバーレーヘッズにたどり着く。

「夕方は海を見ながらチルだね!」と言いながら、車を止めてさっそく海の目の前の公園へと歩きだした。



小ぶりな波が割れている。(やっぱり一番先に波が気になる。笑)
そのまま海を見ながら公園の奥へと歩いていく。
芝生の上にはたくさんの人たちの姿があって、思い思いの時間を楽しんでいるようだ。

適当なところで場所を決めて、リラックスしてこの場所を楽しんでいる人たちを見渡してみる。



隣にはパパが2人の子供におやつを食べさせようと苦戦している。
「ママはお仕事かお買い物でいないのかな? イクメンパパがんばって」

斜め前のおばあちゃんとおじいちゃんは、本格的なティーセットでお茶会を開いている。
その完成度に興味津々だ。

遠きには数人のティーンが楽しそうに遊んでいる。そこに男の子がやってきてバッグの中からたくさんのビールを出してみんなに配り出して、みんな笑顔で乾杯し始めた。

思わず心の中でcheers!



スケートをする人
ただただ景色を眺める人
寄り添いながら夕方のひとときを楽しむカップル。
なんだか個性が強め。
駐車場でなにかを叫んでいる人…。
本当にいろんな人で賑わっている。

誰もがchillするためにここへ来て、それぞれ素敵な時間の過ごし方をしている。

気持ちいい潮風、波の音、みんなの話し声や笑い声。
夕暮れ時の安らかなひととき。

「ここにいる人たちはみんなプロだよね」
友達が呟いた。

「うん。みんなプロチラーだよね。(pro chiller : 私たちが勝手にプロのチルする人という意味で命名 笑)私なんてスローライフだのサンセットに力を入れているだの言ってるけれど、まだまだビギナーだ。恥ずかしいよ」

海を見ながら、私達もプロチラーになろうと勝手に結束する。

(なんだか私たちの会話って…笑ってしまうけど、この時は真剣だったのだ)



だんだん空が柔らかい光と色に包まれてきた。

もう少ししてお家に戻ったら、またみんな笑顔で「nachosおかえり」って言って出迎えてくれるんだろうな。
そして今宵もビールで乾杯して食卓を囲むんだ。

オーストラリアでお世話になったみんなありがとう。

サンタさん、また早く私にみんなの元気な顔を見させてください!



アーカイブはこちら。

Tag

Writer