Mamma mia! #11

ペルメッソを待ちわびて

Contributed by Aco Hirai

Trip / jun.09.2020

イタリアに活動の拠点を移し、フリーのエディター・ライターとして活躍するAco Hiraiさんの生活をパーソナルな視点で綴った連載「Mamma mia!」。今週は待ちに待ったペルメッソの受け取り連絡が。そして、テラスでアペも堪能した1週間。

#11

のん気なもので、ロックダウンをいいことにVISAのことまですっかり忘れていた。

「そういえば、VISA、というかペルッメッソって何状態?」

と思いクエストゥーラ(警察署)のホームページを開いてみることに。
今は、ウェブ上で申請状況を確認できるのでとっても便利。
一度4月にチェックした時は、何の進捗もなかった。
でもクエストゥーラへ行って申請したのが、ロックダウンされる直前の3月6日。
ロックダウンしてたとは言え、あれからもう3ヵ月経つし、なんかあってもいいよね。

中には半年経ってももらえなかったり、一向に連絡が来ない人もいるみたいだから期待せずに
ホームページに自分の番号を打ち込み、ボタンを押す。

すると

Il documento di soggiorno è pronto per la consegna.

と表示された。

おっ! これはまさかの!?

イタリア語だと不安なので、もちろん英語に翻訳して読む。

どうやら準備が整ったみたいだ。



ミラノのクエストゥーラに受け取りに行けるのは、スマホにメッセージが届いてからなので、もう少しかかりそうだけど、一歩前進。

コロナウイルスで影響を受けた期間に切れるVISAはすべて8月末までの猶予が認められたらしいけど、VISAやペルメッソに関しては正直複雑すぎてお手上げ状態。
ローマにある大使館に電話で問い合わせたけど、大使館は管轄外なので、彼らもはっきりしたことがわからないって。
困った。

そして翌日、スマホのSMSにメッセージが。

6月10日17:02にミラノのクエストゥーラへ受け取りに来るように
そんな感じの内容だった。
意外とすぐに連絡が来てビックリ。
それにしても刻みすぎだろ!って思わず突っ込みたくなる時間指定。

とりあえず、一歩一歩前に進めている自分に少し高揚感を覚えたりした1日だった。

そういえば、たまに行ってた近くのビッレリアが道路を挟んだ向かいの公園でビアテラスをオープンしてた。

ってことで、見つけたからには早速行ってみる!

緑に囲まれた気持ち良い公園(小さい公園はオープンしてるので)で、アペリティーヴォ。
夜7時ぐらいに行ったけど、9時以降は全席予約で埋まってるらしく、一番手前のテーブルに案内された。
スペインと同じでイタリア人の夕食も結構遅い。レストランのピークも9時以降。






開放的なビアガーデン。この時期、外で飲むお酒って最高!





日曜の午後。街を歩いているとノラ・ジョーンズの心地よい音に誘われて、つい入ってしまった素敵なレストラン。

久々に韓国焼きそば!マルタにいた時、コリアンの友達は毎日のようにこれ食べてたな。私は辛すぎてすぐギブアップしてたけど。

辛すぎて食べれないと思ったのでイタリアン風にチーズをかけてアレンジしてみたけど……。

たくさんの人で賑わう街中。

時間帯によって木漏れ日が変わる並木通りの壁は、午前中が一番キレイ。

今週のサラミ。


トスカーナにあるお肉屋さん、Savigniのサラミ。肉々しさと程よい塩っけがあってすごく食べやすいサラミ。ビオでD.O.P.認証付き。HPをのぞいてみると、ブランドカラーのピンクをベースにした、お肉屋さんとは思えないとってもとっても可愛いサイトでした。

アーカイブはこちら。

Tag

Writer