Hola Barca! #20

行き当たりばったりバルセロナ奮闘記

ニューノーマル

Contributed by Miyu Fukada

Trip / jun.10.2020

逗子からバルセロナに活動の拠点を移し、現地での生活に奮闘する写真家Miyu Fukadaさん。彼女の行き当たりばったりで、面白さ溢れる新鮮な日々の様子を毎週水曜日にお届け!

#20

緊急事態宣言は最終の延長があったものの
外出禁止が終わってから1ヶ月が経ち
今週の月曜からはレストラン店内でも飲食可能になりました。

ルームメイトのオルガも今日から
職場(美術館)復帰するそう!

私はというと相変わらず仕事はありません。(笑)


友達の犬をお散歩。


綺麗な空。


また新しいお花が咲き始めたよ。


Rollo

街は新しい交通整備などでちょっと変わり始めた。
自転車専用の道路が新しく塗られたり。


なぜチーズ。

週末は友達が誘ってくれてTarragonaの手前までキャンプへ。
うみー! といっても水はすごく冷たくて日本の夏とは違う。ずっと水には入っていられない、というか入るのもちょっと躊躇してしまうほど。ここもヌードビーチで、家族連れもみんな真っ裸! 誰も気にしないから精神的にすごく楽。


Waikiki beach と呼ばれるビーチ。


サンドイッチ。


なんとキャンプをした日はフルムーンでした!

警察が二回も来て、びっくり。
ビーチでのキャンプはダメらしい。

ビーチを移動して、無事キャンプ。

楽しい週末でした。


バターチキンカレー

そうそう
バルセロナのレストランメニューがオンライン形式に移行しつつあります。
テラス席にもQRコードが貼ってあってそこからケータイで写メしてメニューに飛ぶ感じ。
友達とメニューを見ながらどれにする? なんていう時代も終わりを見せるのかも…。

お店に行ってもなにを買いに来ましたか? と聞かれたりして
たまたま見たものを買うってことがなんか少なくなってきて
フラッとお店に、なんてことが少なくなると
ヒラメキの回数が減っちゃって、なんか寂しい。
コロナで強制的に終了しつつある人同士の何気ない繋がりをどこでどう繋ぎ止めるか。

考えさせられる週でした。

世の中の動き方がすべてオンラインに移行されつつあるなか、オフラインとのギャップが縮まることはほぼ不可能であって、だからこそ、現地、現場、足を運んで自分の五感で感じるってことを大切にしたいな。

アーカイブはこちら。

Tag

Writer