清々しい朝

GET BACK YOUR "RAW" ! #8

清々しい朝

Contributed by ERI

Trip / oct.08.2020

モノにあふれる現代に疑問を持ち、着飾らない自然体でいるスタイルの美しさをアートを通してメッセージし続けているアーティストERIの連載GET BACK YOUR "RAW" ! アートにルールは無い。その壁をこえてゆけ! アーティストERIとしての生き方探しの記録 in ロサンゼルス。

#8

こんにちは!
みなさんお元気ですか?
ERIは、秋の風に吹かれて大変眠いです。
#8を覗いてくださってありがとうございます。

今回の記事の雰囲気は「天気の良い初夏の朝」。
あ〜、みんなおはよう!



・・・・・・・AM6:00

おはよう!
昨晩は天文台ドライブから帰ってきてすぐに寝た。
フライト後はさすがに疲れが出るよね。
しっかり6時間寝た私ですが、Kは興奮して寝られなかったらしい。
念願のLAに来られて嬉しかったんだね。ね。

朝早くに起きた理由はひとつ。
コーヒーを飲みに行こう!

場所はもう決めてあったんです。

空腹の私達は一瞬で準備を済ませて、車へGO。
朝の街はとっても、清々しく、綺麗な青空が広がっていました。
時期は2月だったけれど、さすが1年を通して暖かい街なだけあって、
上はトレーナー1枚で過ごすことができた。

30分ほどのドライブの目的地は、「Menotti's Coffee Stop Venice」。

ここ。
本当に行きたかった所なの。
店内は大きくないが、天井は高く、デシャップには小さなレコードプレイヤーがある。
バリスタがその都度レコードを選んで好きなタイミングでかけていくスタイル。

と言っても朝はピークタイム。
地元の人たちが1日の始まりのモーニングコーヒーを求めてやってくる。
犬の散歩ついでに寄った奥様。
ランニング終わりのお姉さん。
ベニスビーチでトレーニング終わりに寄ったお兄さん。
優雅な朝を外のベンチで過ごすおじさま。

私たちも朝ごはんにしよう。
列に並びながら飲み物とフードを選ぶ時間はとてもワクワクした。
なににしようかな。
朝はキリッとアメリカーノで目覚めたいけどラテもいいなあ。
クロワッサンもいいし、あのクッキーも美味しそうだけど朝だしな。

結局選んだのは、ホットアメリカーノと大好きなチョコレートの入ったパンオショコラ。
コーヒーとチョコの組み合わせって最強だ。

エスプレッソはボディーがしっかりとしたビターを感じた。
最初の一口目の感動は、アロマだった。
香りがとてもよく、朝のぼんやりとした頭を目覚めさせる。
浮かんだクレマ(コーヒーの油分の小さな泡)がまろやかにさせる。
最後まで美味しかった。また来る!

店内でくつろいでいたら、可愛いブルドッグちゃんが飼い主さんとご来店。
眠そうだった。

日本でも有名なMenotti's、いつかLAに訪れる時があったら寄ってみてください。

Menotti's Coffee Stop Venice
56 Windward Ave, Venice, CA 90291 アメリカ合衆国



お腹も満たされたしベニスビーチをお散歩。

あ〜〜〜〜あのベニスを今私は歩いてるんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

歩いている人たち、みんなナチュラル。
お洒落キメキメの人は観光客ってすぐわかる。
そんな中、私はサイクリングパンツとトレーナーだけで過ごしておりました。
んーもう少しお洒落してもよかったな(笑)。

スケートパークや野外のトレーニングジム。
ひとしきりまわって、私は個人的にギャラリーへ向かった。

Kohn Gallery
1227 N Highland Ave, Los Angeles, CA 90038 アメリカ合衆国

広くて天井の高い、そして館内は統一して真っ白な壁。
ここで私は我に返った。

そうだ、旅行者モードから、アーティストモードに切り替えなければ。

ここのギャラリーをきっかけに次の日からERIの人生改革が始まる。


夜になって、ホテルの近くのメキシカンスタンドでケサディージャをゲット。
その場で作ってくれるケサディージャはボリューミーでアツアツで、
チーズがこれでもかと言うほどに詰まっていた。

お腹も満たされて、眠りについた。

初日は、まずまず。
LAの雰囲気を飲み込めた。
さあ、明日から始まるぞ。
なんてったって、アレックスと会う日だから!!!!!!!!!!!


ギャラリーから出た時の眺め。


都内でもお世話になっているDEUSのバリスタ、ヨシテルさんのステッカーがここにも。


ホウキが立った。

アーカイブはこちら

Tag

Writer