Own Beautiful Adventure in Japan -Miyazaki- #7

ピースマーク

Contributed by Nachos

Trip / 2021.05.13

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第7弾は、日本での旅の模様をお届けします!今回は宮崎篇です!

#7

「今からここのカフェに行く!」

と、位置情報が送られてきた。

ナビに沿って車を走らせ、緑に囲まれたカフェに向かう。



中に入ると数人の女性の姿が見えた。
キョロキョロとお店の中を見ていると
「nachosさんですよね〜?」と声をかけられた。
振り返ると日に焼けた可愛いらしいサーフガールの姿が。

「はい、そうです(^^)」

「わぁ、会いたかったんです〜!」と突然の嬉しい言葉にニヤニヤする私。

どうやらこのカフェには今回宮崎で行われるサーフヨガリトリートのメンバーが集まって来ているようだった。



私もフワっとリトリートメンバーの中に溶け込みながら
場所をワープして海沿いを散歩♪


流木で作られたピースマーク。

私もお家にこんなデッキとオブジェが欲しい。
今度、流木を拾いにいって私も作ろう。



お天気は少し曇り空だけれど、ご機嫌なガールズたちが揃えばなんでも楽しい。
みんなで波チェックに行ったりボードを見比べたりと、笑顔の中にも真剣な表情。

準備ができた人たちからどんどん海に入っていく。
その姿を見送りながら海を眺める私。


みんなが海に入ってるその頃リトリート会場では、素敵なシェフたちが晩ご飯作りでフル活動中!


海に入った後は、お待ちかねのディナータイム♪
cinema heavenのなおちゃんが作るベジメニューは、ほんっとーに美味しい!
個人的にベジメニューの中でナンバーワンだと思ってる。



みんなおかわりが止まらない。
ご飯を食べながらトークセッションしたり、
ちょっとしたワークショップも行われたりした。



そのうち楽器を持った人たちが現れたな〜なんて横目で見ながら思っていると
いきなり飛び入りライブセッションが始まった、笑。
ここは自由な人たちがたどり着いく特別な場所。
だから、こんな事は日常茶飯事。

誰かが手拍子をし始めて、ふと横を見ると誰かが踊り出している。
それが伝染していくかのようにみんなの体も揺れ始める。

そんなゆる〜いグッドバイブスに包まれながら賑やかな夜は更けていった。



みんなそれぞれ思い描く理想(HEAVEN)がある。
ここはcinema heavenのHIRO君が作り上げた、みんなが自然と集まり表現する・繋がる場所であり、大好きな仲間が集まる場所なのだ。



アーカイブはこちら

Tag

Writer