Own Beautiful Adventure in Bali #2

みんなチャンティック!

Contributed by Nachos

Trip / nov.06.2019

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。彼女にとっての第二のふるさと、バリ島での日々の記録をお届けします。


#2

くだらない話をして何本かビールを飲み終わったところで今日のメインイベントのmovie上映が始まった…。(笑)

この時ばかりは、みんな静かにちゃんとmovieに観入っていた。



上映後には、vansや靴、グッズなどが会場のみんなに抽選で配られ、私たちは少し興奮気味だった。(結局、靴はゲット出来ず)



気がつくとイベントも終わり、お店の外へ出る人の流れがゾロゾロとできている。私たちも外へ出ると、大きな声で「チャンティック!」(インドネシア語で可愛い)言いながら撫で始めた。

その姿を見たfloraは 「いやいや、猫がチャンティックじゃなくてあんたがチャンティック!!」とすかさずツッコミをいれていた。flora がzitaに「本当いつもあんたは可愛くていいな〜」と言っているのをよく聞いていた私たちは、この言葉にみんなで大笑いした。

その後、アフターパーティーに行こうとしたけれど、florlaが「隣の店で一杯飲んでから行こう」と言いだし、偶然会った友達も巻き込んで、隣のお店で飲むことに。



一杯飲み終えて、sunshineのお目当てのsingle finへ。行く前に、ミニマートに寄ってビールを買い、またも飲み始める私たち。 (笑)



そんなこんなで、やっとsingle finに到着!!



オーガナイザーがドリンクのチケットをくれたので、普段は飲めない高いカクテルをここぞとばかりに注文する私。(バリでは基本、洋酒が税金の関係のため全体的に高い値段)



すっかり夜が更けていて、崖から広がる海は見えなかった。気持ちいい潮風と心地よい音楽、美味しいお酒に酔いしれて陽気になった私たちは、それぞれ身体を揺らしながら楽しんだ。





誰かが「もうこんな時間!」と言ったのを聞き時計を見ると、すっかり日付も変わっていた。もう帰ろうかとバリ島の最南端からの交通手段を探す私たち。でも、ここでの帰りの車探しは難しい。(普通だったら絶対帰りの車は確保しておいたほうがいい)。少し不安になりながら歩き出した私たちの予想を裏切り、気が付けばローカルのfloraとmelisaのおかげですぐ車も捕まって、値段交渉も終わっていた。なんて頼もしい。(笑)

こうして私たちは無事に帰路へ着いた。おかげで、ハングオーバーな朝を迎えられたのであった。

アーカイブはこちら。

Tag

Writer