サンタモニカに行こうよ

GET BACK YOUR "RAW" ! #19

サンタモニカに行こうよ

Contributed by ERI

Trip / 2021.02.11

モノにあふれる現代に疑問を持ち、着飾らない自然体でいるスタイルの美しさをアートを通してメッセージし続けているアーティストERIの連載GET BACK YOUR "RAW" ! アートにルールは無い。その壁をこえてゆけ! アーティストERIとしての生き方探しの記録 in ロサンゼルス。

#19

こんにちは!
1月に入り、お天気が何だか不安定ですね。
コロナに関わらず、体調崩されないようご自愛ください。♡
最近の私は、自然の空気を十分に吸いたい気分です。
冬の空気って美味しいよね!



アレックスとのペインティング修行を終え、いよいよLAの旅の終盤となってきた。

自由に過ごせる時間はあと2日。

今日は最後にサンタモニカへ散歩に行こう。

この日の天気は快晴。

2月だけど、もう暑い。

サンタモニカに向かう前に、私とKのお気に入りのカフェ“Menotti's”へ向かった。

前日にアレックスからヘンプミルクが流行っていることを教えてもらった。

日本ではなかなかいただけないレアなプロダクト。

Menotti'sにはそのヘンプミルクがあったのだ!

なぜかジャンケンを挑んでくるK。

今日は男気ジャンケンで御馳走したい気分らしい。

ふむ。

私もですよ。
いつも運転してくれてるKにどうしても奢ってあげたい気分だったのだ。

ジャンケン!!

私は気付いたらレジでお会計をしていた。

2人分。

いい朝でした。



さ。気を取り直して、サンタモニカまでドライブ。

と言ってもそんなに距離はないのですぐに着いた。

快晴。太陽が気持ちいい。

ピアーまで歩いていくと、海風が心地いい。

橋の両サイドには屋台みたいな、お土産屋さんが並んでいる。

一番奥までいくと、展望台のようになっていた。

そこには一人のギタリスト。

快晴な天気の下、ギターと歌声が響くサンタモニカピアー。

最高なプチトリップでした。





ピアーを後にして、おすすめされたドーナツ屋さんに向かった。

sidecar doughnuts and coffee
(Address:631 Wilshire Blvd, Santa Monica, CA 90401)

ここはコーヒーもドーナツも美味しかったあ!

美味しすぎてほっぺた無くしちゃった。

どこ行ったんだろ?

その後はお土産購入タイム。

メルローズアヴェニューに行って、欲しかったお洋服や雑貨を買いに行った。

明日は自由行動最終日。

私はこの旅を始めるきっかけとなったマイケルと遊ぶことに!

楽しみだなあ!

KのLA事件簿、今週もどうぞ。↓


事件3 LAの魅力
SFからベニスに移った俺は元国境税務官だったおっさんと相部屋になった。
おっさんは俺が日本語でおっさんって呼ぶと気に入ったようで以降俺はおっさんと呼び続けた。
おっさんはいい人でベニスからサンタモニカを案内して金取られた話をすると毎晩ディナーを奢ってくれた。
いや朝昼も奢れや。

おっさんが少し早くベニスを後にするので最後の夜は一緒にベランダでチルした。彼にLAの魅力はなに?と聞くと。

「お前がLAに来たのはなんでだ?なにを求めてきたんだ?LAは今全部お前に見せてるぞ。お前の好きなハーレーがなんでカッコいいか。お前の好きな音楽がなんでイケてるのか。お前を育ててくれた家族がどんなにお前を愛してるか、この2週間で分かったはずだぞ。それを分らせてくれる土地なんだ。ただ夕日がきれいだのハリウッドがすごいだのそんなんじゃない。お前はもう分かってるはずだ」


いやNHKの密着か! ってごり日本語で突っ込んでおっさんとはバイバイした。


今回は若干ほんわか回でしたね。by Eri



アーカイブはこちら

Tag

Writer