North Shore

のんびりとしてシンプルな、ハワイらしい町。

Contributed by anna magazine

Trip / 2017.11.15


ワイキキからノースショアまでは車で2時間ほど。いつもは日帰りで訪れる町だけど、今回は長く滞在してみることにした。オアフ島の中でも古きよきハワイの風景が残るノースショアは、ワイキキよりものんびりとした時間が流れている。しばらく滞在したワイキキを離れ、クルマを走らせる。ドールのパイナップル畑が見えてくると、ノースショアはすぐそこだ。ハレイワの町に入ると、さっきまでいたワイキキとは時間の流れが変わり、のんびりとした雰囲気に包まれる。昔と比べると、ハレイワの町はすっかり賑やかになってしまったけど、それでも高価なブランド品や豪華なレストランはなく、普段のハワイの暮らしも感じられる。しかもこの町を離れれば店は極端に少なくなり、暮らしに最低限必要なものだけが残る。このシンプルさがハワイらしくていい。



ハレイワに流れるアナフル川は、今やスタンドアップパドルボードを楽しめる人気スポットで、橋の上からはたくさんのパドラーが見えた。地元の学生達はハレイワ橋から続々と川に飛び込み大騒ぎ。昔見たことあるなあ、そんな懐かしい田舎の風景に心がホッとする。せっかくだから、私たちもスタンドアップパドルにチャレンジしようと、ボードを借りて川を下っていくと、今まで知っているノースの風景とは、まったく違う世界が広がっていた。ゆっくりとパドルを漕ぎながら、しばらく自然の中に身をおく。鳥の声は美しく、目に入ってくる緑は大きい。生い茂ったハワイの植物がうれしそうに風に揺れている。ノースはやっぱりいい所だ。

  

海岸沿いのカメハメハハイウェイを走りながら、ときに車を停めてビーチにも足を運んでみる。ノースショアは冬になると世界有数のビッグウェーブが現れる場所で、大波に鍛えられたサーファーたちの姿も多く目にする。自然の驚異に磨かれた彼らは、身ひとつで挑戦できるという自信とパワーにみなぎっている。私たちもワイメアビーチの近くの海で泳いでみたけれど、ビーチボーイに注意をされた。この波の恐ろしさを知っているからだろう。滞在先が海の側だったので、夕方になると毎日同じビーチにも通った。小さいけれどプライベート感のあるこの場所で、一日の終わりに海と夕日を眺めるのがすっかり気に入った。小さな丘の上にはヤシの木が数本生えていて、空と一緒に赤く染まっていく。そのビーチでは、毎日海に入ってシュノーケルをしている老人にも出会ったのだけど、彼は有名な小説家で、メインランドからこの場所へ移住してきたと言う。夕方になると必ずその場所に現れ、しばらくビーチで本を読み、少し海に入ってから自宅に戻る。毎日がこの繰り返しだと言っていたけれど、何よりも幸福な日々のように見えた。



ここに住む人たちは都会の人みたいにスムーズに事を運ぶことには長けてない。ただがむしゃらに大きな波に挑んでみたり、必要以上に親切だったりする。不器用だけどむき出しにされた感情は、まるで何度でも生まれ変わるハワイの雄大な自然のようで美しい。ノースショアからの帰り道、少し成長した自分がいたのは何のおかげだったのだろう。そう思いながらクルマを走らせていると、あっという間にワイキキへ着いてしまった。ノースショアの自然にたっぷり触れ合って日焼けした肌は、昨日よりもハワイの風景に似合っていた。

写真:相馬 ミナ/文:菅 明美

Tag

Writer