始まりの日③

CIRCULATION #4

始まりの日③

Contributed by ERI

Trip / 2021.07.02

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の"CIRCULATION"が詰まった連載!


#4

奄美にきて30分で、
すべてをさらけ出した、タカギエリ。

上もまるだし、
オマケに鼻水もだらだら。

こんなマヌケな姿、仲良い友達にも見せたことないのに。笑

りょうへいさん達は、ずっと爆笑してるし、
私たちも釣られて笑ってしまって。

もうどうにでもなれ!!!!

と思っていた。


そのあとも懲りずに私たちは、
何度もトライしては、ビキニが取れたり
派手に転んだり、

子どもに戻ったかのように、
何時間も笑っていた。

さすがに疲れた頃には、日が暮れ始めていた。

はじめての奄美のサンセットは、
ヒッチハイクでの出会いも相まって、
すごく感情的にさせられた。

奄美に歓迎された、ってことで良いのかな?




その後、着替えやシャワーを済ませた。

今日は大浜海浜公園というところで
夏フェスがあるとのこと。

奄美はただでは帰してはくれないみたいだ。

こんなにイベントが続くとは。

りょうへいさんの車で他の仲間達をピックアップしながら、

コンビニでお酒を買って

会場に着くまでにふんわり仕上がっていた。笑


会場では沢山の人が集まっていて

夏の夜の涼しさとともに音楽が鳴っていた。


老若男女、芝生の上に座って、

ローカルのバンドや歌手の演奏を聴きながら

お酒を飲みながら、

だらだらゆっくりと過ごす時間は、

何だから地元では味わうことのできない

独特の雰囲気が漂っていた。

夜が更けるにつれて、

星空が光り出して、

天の川をはじめて見た。



明日は何が起こるんだろう???

そんなことを思いながらビール飲んでた。





アーカイブはこちら

Tag

Writer