Hola Barca! #12

行き当たりばったりバルセロナ奮闘記

きゅうりを洗剤で洗う!?

Contributed by Miyu Fukada

Trip / apr.15.2020

逗子からバルセロナに活動の拠点を移し、現地での生活に奮闘する写真家Miyu Fukadaさん。彼女の行き当たりばったりで、面白さ溢れる新鮮な日々の様子を毎週水曜日にお届け!

#12

さあ。lockdownが始まってからとうとう1ヶ月が経ちました。
あと少しでバルセロナにきてから3ヶ月が経とうとしています。

3ヶ月のうち半分は家で過ごすワーホリ生活。(笑)
自分がこれからなにがしたいのか、どう生きて行きたいのか
考える良い時間だったかな。

でも、とりあえず自然の中に行きたい!

カメラロールの中はほぼ料理の写真ばかり。

現像できてないフィルムも10本以上ある。

6月に写真展の予定もあるけどどうなるんだろう。

まだまだ先のわからない日が続きます。
でも今までも本当は先なんてわからなかったはず。
見えてる気がしてただけ。
先のことはわからない。
じゃあなにする?

今を生きる。

しかないよね!

今が過ぎたらすぐに過去だし、ちょっと先のことは未来だし。

今って本当に「今」しかないんだよね。

それをちゃんとコツコツ生きたら勝手に過去になって、
「今」を通って未来に繋がるんだ。

だから今を大切に。

私の家の通りにオルガ曰く、もうかれこれ4年住み着いているイタリア人のおじさんホームレスがいる。

通りすがりの人と喧嘩をしてたまにうるさい。
今朝ふとベランダに出ると、
おばさんが食べ物を袋に入れて差し出すと同時に、

「あれとこれと野菜も食べないからいらないよ! 置いてかないでくれ!」
と。

また別の日には、ビールを差し出したお兄ちゃんに

「俺は酒は飲まないんだ!」

と追い返していたけど、違う日に見たらビール飲んでたんだよなあ。

謎。

バルセロナは街も、ホームレスも観光客でお金を得て生活が成り立っていたのに、
今は観光客がゼロのバルセロナ。
いつも当たり前だったものって意外とすぐに無くなったりするんだよね。

ってことは、
今までなかったものがいきなり現れるってこともある。
ワクワク!

すべての可能性は無限大。

たまにはニュースやスマホをほったらかして、自分の頭の中を泳いでみるのも面白い。

トマトソース。作ったら冷凍。

山椒を日本から持ってきていたので、野菜の山椒炒め。最高に美味しかった。

豚バラブロックの大きいのと、大根を見つけたので塩角煮。ワインを入れすぎてお汁が酸っぱい。でもお肉は美味しくできた!

ピクルス用のきゅうりを友達がくれたので自家製ピクルスに。ちょー簡単びっくり。どうやってピクルスにしたのか話を聞くと、きゅうりをまず洗剤で洗ってとのこと。きゅうりは洗剤では洗わないなあ。カルチャーショック。

こないだの金曜日のスーパー。朝は行列。なので行かなかった。

ネットで流行ってる韓国のコーヒーらしい。dalgona coffee

空は広いなー。

お部屋を模様替え。なんとなく窮屈だった部屋が広くなって快適。

最近読み始めた本。(スペイン語の勉強はサボりがち)

大大大好きな空芯菜を発見! 早速ニンニクと唐辛子と炒めて。

バナナブレッドで残ったバナナが真っ黒だったのでパンケーキに。バターじゃなくてココナッツオイルで。

オルガがいつもワインを買いに行っているワイン屋さんへ。樽に入ったワインを持参したボトルに入れてくれる。1L、3€あたりから。安い。美味しい。もうボトルワインを買うことは無くなりそう。


アーカイブはこちら。

Tag

Writer