あなたらしさを取り戻せ!

GET BACK YOUR "RAW" ! #1

あなたらしさを取り戻せ!

Contributed by ERI

Trip / aug.06.2020

モノにあふれる現代に疑問を持ち、着飾らない自然体でいるスタイルの美しさをアートを通してメッセージし続けているアーティストERIの連載GET BACK YOUR "RAW" ! アートにルールは無い。その壁をこえてゆけ! アーティストERIとしての生き方探しの記録 in ロサンゼルス。

#1

私がアーティスト活動をする上で、常に伝えていることがある。

SNSが当たり前の世の中で、人はその表面上で評価されることが増えたけど“本当にイキイキと輝いているのは飾らないあなた自身だよ。RAW=ORGANIC ありのまま、自然体でいよう”という事。

なんて偉そうにいつも話すんだけれど、

この言葉は自分に向かって言ってる気がするんだ!

特大ブーメラン! アイッ



初めまして!
素敵なご縁があり、Containerで連載をさせていただくことになりました、
アーティストのERIです。
POPアートをベースとした様々なドローイング、コラージュなど発信しています。
好きな色は青とオレンジです。

連載では、私のロサンゼルス旅行を通して感じたアーティストとしての生き方探しの、思いがダダ漏れな記事をお届けしたいと思ってます。


HAHA!

↓↓↓↓↓



冒頭に書いたように、私は人間の一番魅力的な生き方はナチュラリズム(ありのままの自分でいる事)だと信じています。

でも、自分がそうなのか? と言われると実際は真逆で、
波はあるけどメンタル強くないし、自分に自信もないんです。

超弱気。

他人とすぐ無意識に比べてしまうし、それで勝手に落ち込んでる。

特に去年はこの感情に悩まされてた。
本格的にアーティスト活動を始めたのが去年2019年だったから、
自分のスタイルを追求するあまりに、正解はなんだろう?? と考えてしまったのだ。


知り合いのアーティストはどんどんメディアにも出て、フォロワーも増えて…。
「私もそうならなきゃ!! 売れなきゃ!!!!!! そうなるための正解のスタイルってなんだ? あーーーー、今やってるすべてが超空回りな気がしてきた。この絵だって評価されなかったら意味なーーーい」

去年のお豆腐メンタルの話。
要するに自分を失ってた。

そんな自分を変えたい時のいつもの手段は海外逃亡。
思い立った次の日にはいつも航空券をとってる。
なんかもう癖なんだよね、外に逃げるの。
悩みを一旦忘れられるし、なにより知らない地でひとり。「自分に向き合う」にはぴったりの方法。

そんな感じだからいつも友達から電話で初めに言われるのは
「ERI、今日本いるの? 今どこいる?」

うーん、全然日本にいるんです…。
旅の印象が強いらしい。どんだけ悩んでるのよって話。(笑)

毎回行き先はバラバラ。海外の友達に会いに行って、家に泊まらせてもらって、たくさん遊ぶ。
ベルギーのど田舎でハスキー犬と走り回ったり、
タイではDJの友達に連れられて、毎晩身体壊すまでナイトアウトして…。
バリではサーフィンに行って、下手だからデカ波に溺れて友達に爆笑されて…。(涙)

いつも私を連れ回してくれる人たちに感謝。

これまでに何カ国も巡った。

でも、一番行きたかった場所にはまだ行けてなかった。

それは…。

!!!!!!! LOS ANGELS !!!!!!!キャー
!!!!!!! ロサンゼルス  !!!!!!!ワーオ


私にとって夢の国。アメリカンドリーム。

憧れすぎて逆に行けなかったのだ。生半可な気持ちで行ったら、やられそうだったから。

でもね、今回は悩みのレベルが違う。

「人生変えたい!」
「美大生でもなかったから、自ら経験を積んでいくしかない!」
「自分らしさを取り戻したい!」

そんな事を考えているタイミングで、私をロサンゼルスに導く出会いがあった。
これはまだ年が明けてない2019年12月の出来事だ。



人生迷走中の時に制作した謎の作品(写ってるのはERIです)


続く。

アーカイブはこちら

Tag

Writer