音楽、アート、海。

LOVE AMERICA DIARY#6

音楽、アート、海。

Los Angeles,Ca,USA

Photo&Text&Art: CHIHO

Trip / jul.10.2020

アメリカンヴィンテージを表現したイラストレーション、キャラクター制作、サインペインティング等を手がけるCHIHOさんの連載「LOVE AMERICA DIARY」。彼女がアメリカを旅した中で出会った、人、モノ、コトを日記形式で紹介していきます。

#6「音楽、アート、海。」

ロサンゼルス篇最終回!

お気に入りの店や美術館などについてと、ラストは大好きなビーチを紹介。

「Amoeba Music」
ハリウッド、バークレー、サンフランシスコにあるレコードショップ。ここハリウッド店は圧巻の広さ。あまりの楽しさに日を改めてもう一度行った。
でも、このショップはもう移転してしまったそう。また行きたかったので残念で悲しいけれど、新しい場所でスタートするとのことで良かった。

















「Central Library」
ミュージアムを巡ろうとしていた日に開館まで時間があったので、図書館へ行ってみた。
楽しすぎて一日中いられそう。







「The Broad」
アンディ・ウォーホルやバスキア、ロイ・リキテンスタインなどの作品も展示されている人気の現代美術館。



この時開催されていた企画展、"SOUL OF A NATION "。













私が感じ取れたことの一つは、色彩や筆跡が力強くありながら、あたたかさがあること。優しい心を持ち、平和を求めて、声を上げている。
この展示会に行けて良かった。
今改めて、全ての人へ思いやりと優しさを忘れないで生きたいと思う。

「MOCA」







ユニークなアイデアに刺激を受けた。
展示会場はコンパクトで観て回りやすい。ミュージアムショップも可愛いグッズが多くておすすめ。

「Hammer Museum」



UCLAが運営している美術館。
入場無料というのが嬉しい。

コンセプチュアルアーティスト"Allen Ruppersberg"の展示が行われていた。













壁一面ポスターの作品"The Singing Posters"は圧巻。

「UCLA」
Hammer Museumに行った後、もちろんUCLAへ。









学生達に紛れて、芝生に座って日向ぼっこ。とても心地良かった。



広いショップにはたくさんグッズがあって何を買おうかかなり悩んだ。

ここからは、ピアとビーチ。
「Hermosa Beach Pier」



ここは『La La Land』に登場したピア。
とても綺麗でシンプルな作りで、他のピアに比べて人も少なめなので穴場かも!





朝に訪れたら、水面に太陽の光が反射してキラキラと輝いていた。
サンセットもいいけれど、朝の海は全く違う魅力があると気付いた。

ビーチの周りを歩いていると、ハモサビーチで結成された"BLACK FLAG"のアートが。





これは1970年代と1980年代のパンクロック・スケートボードの時代を称えて描かれた壁画。

「Santa Monica Pier」
LA滞在最終日はサンタモニカへ。
ピアなのに遊園地やレストランやショップがあり、賑やかで楽しい。











BUBBA GUMPを発見!
食事はしなかったけど、フォレスト・ガンプのベンチがあったので記念撮影。



「Manhattan Beach」
サンタモニカからLAへの帰り道で寄ってもらったマンハッタンビーチ。
日が沈む直前の海はとても幻想的で引き込まれた。









この日はLA最終日前日。サンディエゴ・ロサンゼルスのホームステイ先でお世話になったひろこさんとちえさんと写真を撮った。



お二人ともとても優しくて、心配なことは全て相談に乗ってくださった。
ショッピングに出かけたり、日本食パーティーをしたり、ご家族の皆さんとレストランに行ったり…一緒に楽しい時を過ごせたことが本当に嬉しかった。

そして、
サンディエゴとロサンゼルスでの約1ヶ月の旅も最終日。
びっくりするくらいの量の荷物で空港へ。



荷物の多さで帰りの疲労は凄かったけれど、それだけぎっしり思い出が詰まっていた!

ここまで幸せな旅ができたのは、出会った皆さんが優しかったから。

この旅でお世話になった、ひろこさん、ちえさん、そして初日に迎えに来てくださり、アンティークショップやスワップミートなどへも案内してくださったあみさんに感謝。

いつかまた必ずカリフォルニアに行こう。

アーカイブはこちら。

Tag

Writer