奄美大島

CIRCULATION #1

奄美大島

Contributed by ERI

Trip / 2021.05.07

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の”CIRCULATION”が詰まった新連載!


#1

2015年9月。

都内の大学生だった私は、夏が終わる切なさを感じつつも、

暑くてじめじめした真夏の開放的な感覚を手放せずにいた。


当時20歳だった私は、まだ夏を楽しみたい気持ちが溢れていて、

どこかに飛んで行きたい衝動に駆られ、

気付いたらとある南の島行きの航空券を予約していた。


目的地は、奄美大島。


行ったことも無いし、特別調べたこともない。

行先も計画も泊まる場所も車も何も予約せずに、ただ行ってみた。

持ち物は、3泊分の洋服と水着とスケッチブック。


絵を描くためではない。

ヒッチハイクのため…。


偶然の出会いとミラクルを頼りに訪れた初めての奄美大島。


でも初日から、ローカルの人々のポテンシャルを見せつけられ、

魅せつけられ、

その日から今まで6年間ずっと島に通うことになるのでした。






こんにちは!

都内で活動しているアーティストのエリです!

少し前にLAでの奮闘日記を書かせていただいてました。

読んでいただいてた方は、お久しぶりです!

そして初めまして。

LA篇の次は奄美大島、という全くキャラクターが真逆なように感じる

2つの場所ですが、

共通していることはたくさんあります!

奄美は日本の中で、私の2つ目の故郷というか、アナザースカイというか。

今回のこの連載で、地域性や人柄だけでなく、私に与えた島からの影響など、

ゆったり書けたらいいなあ、と思っています。

そんな時にですね、

ちょうど今月奄美に行くんですよ!

なんてタイミング〜!

島に呼ばれちゃってますね!完全に!笑



というわけで、奄美篇、始めさせていただきます。

せっかくなので、何か皆さんにお伝えできるような環境問題などもシェアできていったらいいな。

相変わらず一人漫才なエリの連載ですが、

これからもよろしくお願いします。


いってきまーーーす!!!!!



Tag

Writer