ただいま

CIRCULATION #13

ただいま

Contributed by ERI

Trip / 2021.11.19

「もしかしたら奄美大島の島んちゅたちは、世界が丸ごと見えているのでは?」とアーティストERIが特別なパワーを感じた奄美大島。彼女がナチュラルでいられるセカンドホーム・奄美をスタート地点に、世界中で暮らす人々の生活の”CIRCULATION”が詰まった連載!


#13

私はまた奄美にいた。

昼過ぎに着くPeach(飛行機)に今回も乗ってきた。

今回は初めて自分のサーフボードを持っていくことになったのだけれど、

チェックインカウンターで、

「少しボードの大きさがオーバーしてますね」

えっ。

「どうすればいいんだろう」と、初めての事態。

そしたら、「ボードケースの余っている部分を折りたたんでガムテープで巻いてください」

とのこと。

私は急いで宅配サービスカウンターに走っていって、

「ガムテープって貸してもらえますか?!」

対応してくれたのは優しいスタッフの方で、快く貸してくれた。

ありがとう!

これで無事にチェックインできました。

サーファーの方、7フィートくらいのボードを運ぶときは、

サイズに注意しましょう。。


相変わらず、フライト中の記憶は無い。

飛行機の座席って魔法がかかってんのかな?

いつも座った瞬間に眠りに落ちる(笑)。


奄美の空港は、小さめ。

そしてどことなく不思議な雰囲気が流れてる。

独特な優しい香り。

なんだかクセになる。


荷物をピックアップして出口に向かうと、

そこで迎えにきてくれたのが、島んちゅの友達のクレア。

歳は確か6個違うのだけれど、

この島では関係ない。

私のベストフレンド。

いつも迎えにきてくれてありがとう。


早速車に乗り込んで、ホームの手広海岸に向かう。

空港から20分ほどで着くのだが、

私が飛行機に乗る前に、

「クレア、私死ぬほどお腹すいた」

と伝えていた。

そしたら、じゃりパン(コッペパンにクリームと砂糖がザクザク入ってる)と、

さんぴん茶を用意してくれていた。

もうサイコーー。

糖分サイコーー。

クレアサイコーー。

車内でエリのお腹が満たされていく音がした。(ジャリジャリ)


奄美ブルーの海を眺めながらドライブすること20分。

手広海岸についた。

「ああー久しぶり」って言っても3ヶ月ぶりとかだけど、。

相変わらず綺麗。

いつもの駐車場に、いつもの木のテーブル。

岩が出てるインサイド。

綺麗な奄美独特の色の海。

手前の海の色は、真っ青ではない。

ただの水色でもない。

少し緑色の入った、

エメラルドグリーンとライトブルーのコラボ。

光でキラキラひかる水面と、

スケスケの波のうねり。

戻ってきたーー!!


のだが、

台風の影響で少し今日は荒れ気味。。。

しかし飛び込む。

もう我慢できないー!!!!!

水に入りたい!!

大荒れの中飛び込んでいくERI、どうなる!!


次回!

ERI、やられる!







アーカイブはこちら

Tag

Writer