そろそろ、ビーチが恋しい季節です。

Contributed by kimura kei

Trip / may.15.2018



こんにちは、編集部のキムケイです。
来る5月18日にanna magazine vol.11が発売されます!
今回の特集は“Back to Beach.”。

常にanna magazineのコンセプトの中心にある“ビーチ”に再び目を向け、アメリカだけにとどまらず、メキシコ、オーストラリアのビーチタウンを旅してきました。

今号も僕はアメリカ取材を担当し、ヒッピー界の歌姫ジャニス・ジョプリンの軌跡をロードトリップしてきました。彼女が生まれたテキサス州のポートアーサーという小さな港町から最後に行き着いたロサンゼルスまで、長いようであっという間の旅でした。
中でも印象的だったのが、ポートアーサーで見た満天の星空。ジャニスは若くしてこの街を飛び出して行ったけど、このきれいな星空に救われたこともきっとたくさんあっただろうな、と思いました。
また、UFOが落ちた街として世界的に有名な「ロズウェル」に立ち寄ったのも印象に残っています。ロサンゼルスではヴェニスの街を取材。ヒッピー文化の名残を感じるヴェニスビーチの街中をゆっくりと回るのもまた新鮮な体験でした。
オーストラリアへ向かった取材班は「バイロンベイ」を徹底取材。オーストラリアの大自然と、海辺に暮らすローカルコミュニティなど、独特の時間の流れにクローズアップ。メキシコでは、憧れのバハ・カリフォルニア南部をロードトリップ。トドス・サントスは夢のような場所でした。メキシコのビーチの美しさに驚かされること間違いなしです。

そして、前号で人気を博した企画「In Your Place」の「ビーチ」編ということで、海の近くで暮らす人々の自宅を多数紹介。他にも、サンフランシスコの夜の海に集まる人々を取材した「The Night Sea」やLUKE magazineの新企画「Thirty-agers」など、盛りだくさんの内容。
anna magazine史上最高のボリューム352ページをぜひお楽しみください!

原点回帰したanna magazine vol.11、発売まであと少し楽しみにお待ち下さい!!





Tag

Writer