anna magazine #11 SPECIAL FEATURE

オージーも憧れる ヌーサヘッズでスナップ

Beach Girl:Noosa

photograph: Chrystal Dawn
text: Akemi Kan

Trip / 2018.07.23



オーストラリアのクイーンズランド州にあるヌーサは、オージーに大人気のリゾート地。自然保護区に指定されてい るので景観は美しく、メインビーチ沿いのHastings Streetにはたくさんのショップやカフェも並びます。美しいビーチに加え、ヌーサ川と海が混じり合うラグーン状の穏やかな景色も魅力。通称ヌーササウンドと呼ばれるこのエリアには美しい豪邸が多く立ち並び、豊 かに暮らす人々の姿を垣間見られる。 そして、メインビーチの東にあるヌーサ国立公園にはローカルサーファーが大 集合。世界的に有名なサーフイベント「ヌーサフェスティバル」の開催地でもあるこの地は、ロングボーダーなら一度は訪れてみたいと思える完璧な波質と、美しいロケーションも自慢。公園内では野生のコアラに遭遇することもあるらしいので、ぜひ探検を!


1. Anika Mccormack
観光客が多く集まるメインビーチから少し離れたビーチは、地元で暮らす中高校生たちの憩いの場。まだ13歳の彼女は秋休みを利用して、男友達とサーフィン。サーフィンを始めて1年目な がら、年季の入ったロングボードが渋い。


2. Janne Jacobsen
日本未上陸のオーストラリアブランド「Tigerlily」のトップスを愛用している彼女は、ノルウェーから来豪。4ヵ月に渡る旅の途中で立ち寄ったヌーサには2週間ほど滞在。この後は世界最大の砂の島、フレーザー島へ向かうそう。


3. Taliah Wallace & Celeste Hermione & Lillie Mellin
同級生3人組は、ビーチの目の前にある小さな公園でチルアウト中。オーストラリア発のファッションブランド「Cotton Onbody」の水着のほか、人気のプチプラブランドを取り入れて、上手にビーチファッションを楽しんでいるのが印象的。


4. Keiley Sheahan & Maddy Holder
ヌーサローカルのふたりは、オーストラリアのティーンに大人気のブランド「Pretty Little Thing」と「Cotton On body」の水着を愛用。同級生とビーチで過ごすのは日常と言う彼女たちは、 実は日本のアニメと寿司が大好き。



5. Tia Mia Nanda Mandu Mandu
ヌーサから車で数時間ほど南下した街に暮らす彼女は、同じくロングボーダーの父親と一緒に週末のサーフトリップへ。平日は幼児たちの先生をしているものの、急遽お休みして延泊する ことに。このゆるさもオーストラリアならでは!?




Tag

Writer