Mamma mia! #77

バッサリ。

Contributed by Aco Hirai

Trip / 2021.10.12

イタリアに活動の拠点を移し、フリーのエディター・ライターとして活躍するAco Hiraiさんの生活をパーソナルな視点で綴った連載「Mamma mia!」。長かった髪の毛を短くしたら、毎日快適で気分がいい!そんなボブヘアにしたお話。

#77

突然だけど、
円形脱毛症ってやつになっていたことに気づいた。
ストレスなのか!
まぁ、なってしまったものは仕方ない!
なので、8年間伸ばしていた髪の毛を潔く切ることに!
バッサリと!
思い切って!

これはシャンプーしやすいように一旦肩甲骨ぐらいのところで切った髪の束。

実は夏ぐらいに気になる頭皮を見つけて、南イタリアで過ごしている間にプライベート病院へ行ったところ、先生が
「円形脱毛症ですね。なる人が多いんですよ」
だって。
そうだろうな、と予想はしていたけど、やっぱりそうだった。

そしてイタリア人でも読めなさそうな殴り書きされたペラペラの紙を渡された。

先生に
「なんて書いてあるか読めません」
というと、
「FARMACIA(薬局)へ持って行けばわかるから大丈夫ですよ」
と言われた。
相変わらずのイタリアだなぁ(笑)。



どうやら髪の毛は週に2回、オーガニックシャンプーで洗うように、何とかという薬を付けるように、みたいなことが書かれているらしい(笑)。

週にシャンプー2回だけなんて耐えきれない!!!と思いつつも回数を減らさないと!と思ったので、涼しくなったら髪の毛を切ろうと思っていたのだ。
なかなか髪の毛を切る覚悟ができなくて8年間ロングヘアと付き合ってきたけど、円形脱毛症というやつが私に思い切る機会を与えてくれた。
そんな気持ちもあった。

そして、ミラノにある日本人が経営する美容室、@hair.ottoへやってきた。

30㎝ぐらい切ったので一気に上半身が身軽になってかなり心地が良い。途中段階の私。

やっぱり日本人に切ってもらうのはいい!!
仕事が本当に丁寧。素人の私でもわかるもん!!!
担当してくれたTAKUTOさんも
「円形脱毛症になってる人、結構いますよね〜」
なんて慰めの言葉をくれ、
「でも、この部分もう生えてきてるみたいですよ」
なんて元気付けてもくれた。
ありがとうございます!!

8年間も切らずにいたけど、いざ切ってみるといいもんだ(笑)。
思わず頭を左右に振って軽さを実感したくなる。
そして、毛先が顔に当たる度になんだか嬉しかった。

さて先週末は、地元、ピアチェンツァの街中でMercato Europeoというストリートに屋台が集まる食のイベントが開かれていたので遊びに行ってきた。

まずはベルギービールを片手に散歩。

ヨーロッパって言ってるけど、実際はアルゼンチンやブラジル、インドの屋台なんかもあって、多国籍のストリートフードが楽しめたりするのだ。
もちろんフードだけじゃなく、オーガニックコスメだったり、観葉植物だったり、アクセサリーだったり、とにかくいろんな屋台が出ている。

どこの国の料理か一目で分かるように、屋台には国旗が立てられている。これはアルゼンチンのお肉が食べられる屋台。それにしても秋晴れで気持ちいい!!

インド料理の屋台。美味しそうなスパイスの香りに誘われて。

スペインの屋台では、パエリアを準備していた。その姿がかっこよくて、つい近くで見たくなった。

こういう場所に来ると、雰囲気とやらに飲まれて何か買いたくなってしまう私。
今回は、オーガニックコスメとオーガニックのタオルをお買い上げ。

では、また来週。
お休みなさい。



アーカイブはこちら

Tag

Writer