Hola Barca! #10

行き当たりばったりバルセロナ奮闘記

外出禁止 Day 16 落ち着いていられる理由。

Contributed by Miyu Fukada

Trip / apr.01.2020

逗子からバルセロナに活動の拠点を移し、現地での生活に奮闘する写真家Miyu Fukadaさん。彼女の行き当たりばったりで、面白さ溢れる新鮮な日々の様子を毎週水曜日にお届け!

#10

うんちくその2を書こうと思ったけれど、街全体の機能が停止していて
「えーなんで!?」ということに出会うまでには、もう少しかかかりそうだから、
今日はここ数日で考えた事を綴ろうと思う。

3月30日、バルセロナでは珍しい雨。
自宅リビングからお届けします。

私が日本から引っ越してきて間もないバルセロナで
3月15日からロックダウンが始まり、
2週間が過ぎた。
毎日7、8時には起きて、ヨガ、workout、シャワーと行ったリズムで毎日が始まる。
だらだら寝るのもこの2週間の間で1日くらい。

どこか心の奥深くではかなり落ち着いた表情の自分がいることにふと、気がついた。
これは自分の人生の経験値なのか、旅で養った糧なのか、
要因はいろんなところにあると思うけれど
今までに行き当たりバッタリな旅と人生を送ってきたからなのかもしれない。

私が旅で学んだことは、
自分の期待とは違うことが起きた時、
「なんで?」
じゃなくて、
それに自分が順応してくこと。
自分の器を少しづつ大きくして、
「なにが起きても大丈夫!」
っていう肝っ玉の座った自分に近づくこと、だ。

相手やなにかのせいにしたり、責任を求めるより
その状況を淡々と受け止め、次のステップに行く方法が
一番早くその状況から抜け出せる方法なのだと思う。

今、誰かのせいにしてもなにも始まらない。
友達と会えない、あれが出来ない、これが出来ないって
ないことに目を向けるんじゃなくて、
この状況でなにができるかを臨機応変にクリエイティブな観点で考えてみる。

旅じゃないし、
いつもの旅のような緊張感や切羽詰まった感覚がないから、
少し違うけど、
方法は一緒。

自分には
なにが出来るのか、
なにが得意なのか、
なにが好きなのか、
なにが出来ないのか、
なにが不得意なのか、
なにが苦手なのか、

とっことん、自分と向き合って自分を知る時間。

人間の
あれがしたい、これがしたい、
あれが欲しい、これが欲しい、
って欲求は、
けっこう贅沢なのことなのかもね。

最後にここ1週間で、自宅で作った料理たちを一気にご紹介!


ズッキーニでラザニア!


断面図


リンゴを煮込んで




アップルパイ! もどき。


ポテトグラタン


バスクチーズケーキホームメイドVer


麻婆豆腐が食べたくなって…。豆板醤もなかったけど家にある調味料でどうにかなった。




晴れた日には少し遠回りしてスーパーへ。




土曜のMACBA


家の屋上の好きな景色。この煙突と、サボテンの感じが可愛い。


もう夏みたいな雲。夏が待ち遠しい!

アーカイブはこちら。

Tag

Writer