19歳、最高の大冒険

TRAVELER’S CONTAINER #9

19歳、最高の大冒険

Contributed by Sae Fujiwara

Trip / nov.07.2018

“TRAVELER’S CONTAINER”は、旅の途中で手に入れたいろいろな物を詰め込んで思い出をパッケージする箱。100人いれば100通りの旅があるように、思い出も中身も様々だ。この箱は、その人の旅を映し出す鏡。箱を覗けば、再びあの光景がよみがえってくる。思い出の品々を通して、旅人の足跡を辿っていく。

TRAVELER’S CONTAINER TRIP STORY
8/6/2018-9/7/2018
Hawaii/USA
Sae Fujiwara
Age 19


1: ノースショアで手に入れた自転車のナンバープレート。父がアメリカ車のナンバープレートコレクターなのでそれを真似して。
2: 姉が出発前にリュックに潜ませてくれていた1ドル札。
3: the busの1dayチケット。
4: the busの1monthチケット。この旅で1番使ったモノ。
5: 初めて海外で映画館に行った特別な記念のチケット。日本では未公開の作品を鑑賞。
6: ダイヤモンドヘッドの登山チケット。
7: 滞在中通った大好きな中華ファストフードのフォーチュンクッキーの紙。
8: ローカルな売店でコカコーラを購入した時のもの。店員さんに持って帰っていいか聞くと"その方が助かるから嬉しいよ"と笑顔で渡してくれた。
9: 滞在中ほぼ毎日つけていたリング。お守り的存在だった。
10: 現地在住の方に連れて行ってもらったご飯屋さんでもらったキャンディー。
11: ハワイ大学のブックストアで手に入れたノートブック。BOXよりもはるかに大きいけれど、どうしても入れたかった。中には記録用の毎日のチェキが貼ってある。
12: 姉が出発前にくれたカード。いつも旅するときにはカードを荷物のどこかに隠して、いってらっしゃいと書いてくれている。2. の1ドル札もこのカードに挟まっていた。
13: マクドナルドのケチャップ。ただでさえ塩辛いポテトに2個ケチャップが付いてくるからさすがアメリカ。
14: ハワイの出雲大社教で買った旅行安全のおまもり。守ってくれる気がして日本から持ってきていた母がくれたお守りと一緒にカバンに潜ませて持ち歩いていた。
15: お気に入りのノート。何十年後かに思い返して見たら面白いかなと思い、日本ではつけたことのない日記を書いた。
16: 虹のはじまりを見れた時の写真。感動した瞬間の一枚。

<About Trip>
①旅した場所と期間を教えてください。
ハワイ オアフ島とハワイ島
2018年8月6日〜9月7日。

②今回の旅を一言で表すと?
Teenage Dream

③旅に欠かせないものは?
好奇心と行動力。それとカメラ。

④旅先でお気に入りのスポットは?
泊まっていたコンドミニアムのカウンター。ご飯を食べるのも日記を書くのもボーっとするのもそこで、一番落ち着く場所だった。

⑤どんな人々との出会いがありましたか?
リボンレイ作り教室に参加したら、スーパーパワフルな日本人女性に出会った。その方のおかげでたくさんの素敵な人、機会に恵まれた。(ダンスのレッスンに行ったり、ラジオに出演できたり。) 勝手にハワイのお母さんのように感じてしまった。それから同い年のロコ達。さすがのスピードとスラングだらけの会話に圧倒された。ノープランで行ったにも関わらず、優しくて暖かいステキな人たちに出会うことができた。

⑥このBOXにタイトル又はテーマをつけるなら?
初のソロトラベルキロク。

⑦旅するとき必ず毎回持ち帰ろうと決めているものは?
滞在中にスーパーのチョコレート売り場で何種類か購入し、お気に入りの1つをみつけてそれをストック用にたくさん買って持ち帰る。どれだけ買っても、もってたったの1週間。

⑧旅のだいごみはなんでしょうか?
自分の目でみて直接肌で感じることができること。想像を超える景色から新しい発見がいつも生まれること。

⑨目的地を選んだ理由を教えてください。
特に特別な理由はなく、行ったことのない場所だったというのが正直な理由。だけど、多分心のどこかでずっと憧れていた場所だったと思う。自分のお金で海外で一人暮らしをしてみようと思い立ち、わざと訪れたことのない場所を選んだ。

⑩旅先で印象に残っているアイテムのエピソードを教えてください。
ABC storeのスパムむすび。2ドルで私のお腹を満たしてくれたし、少し水分多めのごはんにスパムというのが私好みすぎたため、何回お世話になったかわからない。

⑪感動したことや衝撃を受けたことなどがあれば教えてください。
帰りのフライトが台風の影響でキャンセルになり、滞在が2日延びたこと。代わりのチケットがハワイ島のコナ経由しかなく、予定にはなかったハワイ島に行くことができた。たったの15時間だったけれど、空港、急遽とったホテル、朝の散歩で歩いた道、全てがオアフ島とは違い新鮮でわくわくした。海の色は今までで一番きれいだと思った。なにより、ハプニングを楽しむことができた。

⑫今回の旅はあなたにとってどのようなものになりましたか?
忘れられない初めての一人旅になった。やりたかったことを形に出来た旅、自信と達成感をくれた旅で、自分が一番好きなことが再確認できた旅だった。振り返ると、航空券と宿だけをとり、現地での予定はノープラン。アルバイトで稼いだお金を握りしめての思い切った挑戦だったけれど、19歳、最高の大冒険が出来た。


空港のトイレのマーク。ハワイらしくて素敵だったので


バスに乗る時の私の特等席。1番後ろの端


ずっと行きたかったダイナー。閉店が決まりこれが最初で最後だった


ビーチにいたわんちゃん


ノースショア。想像よりもすごくのどかでステキな街だった


ホノルルの夜景


ハワイ島での朝の散歩の時の一枚。早朝、開店準備前の店の様子がおかしくて


ビーチでの足跡


虹のはじまり

Sae Fujiwara
1998年12月16日生まれ。
現役外大生で、英語のほかにアラビア語も勉強中。海外への好奇心が強く、世界中を旅することが夢。

Tag

Writer