ブルックリン・ブリッジに行ってみた。

IMAGINATION TRAVEL#6

ブルックリン・ブリッジに行ってみた。

Photograph(TOP):Kazuhiro Shiraishi

Trip / dec.12.2018

旅に不慣れな男が、旅の予行練習をするために、ストリートビューを使って妄想旅『IMAGINATION TRAVEL』に出るこの連載。第1編は、魅力的かつ魅惑的なビッグシティ「ニューヨーク」へ。6回目となる今回は、ブルックリンに旅してみた。


橋の上からニューヨーク市街を一望したい!
嘘か誠かは知らないけれど、アニメ「タートルズ」はニューヨークが舞台(ブルックリンも)と聞いたことがある。僕は小さい頃「タートルズ」が好きだった。もうストーリーはほぼ覚えていないけど、好きだったという記憶だけは、小1のときの担任教師が“外花(とばな)先生”と読み間違えられやすい苗字だったことと同じくらい記憶に残っている。

僕にとって「タートルズ」といえばアニメ、というよりゲームだった。バンダナを巻いた亀の忍者が戦う「タートルズ」、白い学ランを着たつっぱりが戦う「くにおくん」、この2本のゲームボーイカセットだけは、ずっと大切に保管してあった。今は、もうないけど。

それに、「タートルズ」を好きになった当初、確か奈良県生駒市にあるマンションの5階に住んでいて、同じ階に住む同じく「タートルズ」好きな同級生と一緒に、あの4人組の絵を描いていた。ちなみに、僕が描くミュータントたちの指は5本あった。(3本しか指がないのを知ったのは、つい最近のこと)
という思い出に、先日しばらく耽っていた。
なぜなら、ひとりぼっちの初冬の夜は長いから。

さて今回は、ストリートビューでブルックリン・ブリッジへ行ってみようと思う。

ふもとから見るとこんな感じで


橋の上からみ見るとこんな感じで


この橋の真ん中は歩行することもできる。
(チャリでも渡れる。)

いつか、この橋をのんびり歩きながら、ニューヨーク市街を見渡してみたいものだ。

次回もブルックリン区内を巡ってみようと思う。
PS.風邪をひいているときのストリートビューは、酔う。あのグニャってなる感じで、酔う。ストリートビューをするときは、よく体調を整えてからPC操作するようにしましょう。

Tag

Writer