ジャニスとグレイとエルビスと

Container Box #7

ジャニスとグレイとエルビスと

USA

Contributed by Ryo Sudo

Trip / jul.09.2018

“Container Box”は、旅の途中で手に入れたいろいろな物を詰め込んで
思い出をパッケージする箱。100人いれば100通りの旅があるように、思い出も中身も様々だ。
この箱は、その人の旅を映し出す鏡。箱を覗けば、再びあの光景が蘇ってくる。思い出のアイテムを通して、たくさんの人々の旅の足跡を辿っていく。

第7回は、anna magazine編集長のRyo Sudo氏だ。
(Containerにて小さなメディアの作り方連載中)

Container Box Trip Story.
3/19/2018-3/31/2018
USA


1:ロサンゼルスの超有名なアメリカンレストラン、メルズドライブインのカード。実際には行ってませんが。

2:ヒューストン宇宙センターで購入したワッペン。使い方が難しい。

3&6:ヒューストンのタコスの名店「TACOS A GO GO」のメニュー。タコスはanna magazine編集クルーの主食のひとつ。

4:コインケース。これも見つけたらたいてい購入。ロズウェルのおみやげ屋で購入。

5:ロズウェルUFO博物館でもらったステッカー。

7:名優ジョン・ウェインの定宿、エル・ランチョ・モーテルのチラシ。

8:“I LOVE VIDEO”のTシャツ。ボックスには入らなかったけど、どうしても紹介したくて。

9: BIG BEND NATIONAL PARKのステッカー。

10:サボテンショップでもらったステッカー。

11:what-a-Burgerのソルト&ペッパー。とりあえずたくさんもらえる。

12:不明。 銃のモチーフはアメリカではよく見かける。

13:オースティンのホテルのエチケット袋。太陽のモチーフがキュート。

14:ヒューストン宇宙センターのカード。やっぱり宇宙と聞くとワクワク。

15:ロズウェルで購入したマグネット。いなたいデザインが気になる。

16:オースティンのボーリング場の自動販売機で購入したソックス。取り出し口にむき出しのまま出てくる。

17:テキサスのガソリンスタンド・チェーン、バッキーズで購入。オリジナルアイテムの充実度が半端じゃない。

18:ロサンゼルスの老舗ダイナー、スウィンガーズ・ダイナーのポストカード。オムレツが有名。店内は写真撮影禁止。

19:コンテナボックスの中身が増えてきたので購入したヘアゴム。

20:サーフスクールのパンフレット。ロサンゼルスのホテルで入手。ベニスビーチでレッスン中の女の子たちを偶然目撃。

21:ドントディスターブのドアノブサインプレート。クラシカルなイラストがかわいい。

22:UFO博物館のビニールバッグ。街全体がこのグリーンで統一されている。

23:オースティンの人工波サーフィン施設N-LANDのコースター。波はパーフェクト、でも1時間90ドル。

24:ヒューストンのカフェで入手したイベントフライヤー。アメリカ人にも50年代、60年代といったオールディーズ好きがたくさんいる。

<About Trip>


①旅した場所と期間を教えてください。
アメリカ・テキサスのポートアーサーからカリフォルニア・ロサンゼルスまで。
今年の3/19~3/30。

②今回の旅を一言で表すと?
ジャニス・ジョップリン。
anna magazine vol.11の取材でロードトリップへ。小さなテキサスの港町からオースティンを通ってヴェニスへ。裏テーマは、ジャニス・ジョップリンの足跡を辿る旅でした。

③旅に欠かせない物は?
ランニングセットと小さなメモ帳。
少しだけでも時間があれば街を走ります。車の窓からは見えない、「あたり前の日常」に触れられます。旅の記録は、デジタルより、アナログ。面倒だからこそ、記憶に残ります。

④旅先でお気に入りのスポットは?
ジャニスの生家の裏庭。家そのものはもう跡形もなくなっているのだけれど、
裏庭を少しだけ覗いた時に、「ジャニスが見ていた庭なんだ」と突然腑に落ちて感動しました。

⑤どんな人々との出会いがありましたか?
ロン・ハーマン氏。たった40分という短い時間だったけど、これほど感動的な話を聞けたインタビューは他ではあまり経験がありません。毎日を生きる上でのいろんな疑問が、するすると軽やかにほどけていきました。

⑥このBOXにタイトル又はテーマをつけるなら?
脈絡がなくて、濃いつながり。

⑦旅するとき必ず毎回持ち帰ろうと決めているものは?
持ち帰るというか、必ず購入するのが、観光地マグネットとワッペン。
冷蔵庫はマグネットでいっぱいです。ワッペンは使ったことがありません。

⑧旅のだいごみはなんでしょうか?
誰かにとっての大切な日常を追体験できること。特別なストーリーより、自分が体験することのない誰かのあたり前の日常って、本当に魅力的だと思います。

⑨目的地を選んだ理由を教えてください。
anna magazine vol.11の取材のため。

⑩旅先で印象に残っているアイテムのエピソードを教えてください。
オースティンのボーリング場にあった古いフォトブースで撮影した証明写真。
詳しい音声説明や取り直しのタイミングなど、便利な機能は全くなしの一発勝負で、思っても見ないような表情が撮れました。(生々しいので割愛しています)

⑪感動したことや衝撃を受けたことなどがあれば教えてください。
今更ですがウーバーの使い勝手のよさ。あたりまえだけど、今いる場所から行きたい場所までピンポイントでいける。言語コミュニケーションなしでも全くオーケー。この技術で、旅の仕方が180度変わると思います。

⑫今回の旅はあなたにとってどのようなものになりましたか?
ラフなタッチの内陸部(今回はほとんど砂漠でした)と、イノセントでしなやかな沿岸部とのカルチャーの違いを改めて感じました。

<Somewhere>




どの街でも探すと必ずエルビスがいる。



ドライブインにあったビデオゲーム。パックマン。難しすぎる。


BACK IN 5 min.待てど暮らせど戻らず。


ビデオのパッケージはどうしてこんなにワクワクするのだろう。


アルバカーキの名物観光地、route 66 dinner。


ジャニスの生家の中庭。木漏れ日が幸せの象徴。

Tag

Writer