MY BEACH TOWN

ヌーサの海で遊ぶ。

NOOSA #2

Contributed by Akemi Kan
Photo by Chrystal Dawn

Trip / aug.21.2018

ゴールドコースト空港を拠点とする東海岸には、
世界有数のビーチタウンがいっぱい。
だから少し足を伸ばして次の街へ。
リゾート地としても名高いヌーサは、高揚した人々の笑顔で溢れている。


長く滞在したバイロンベイを後に、2泊3日のヌーサTRIPヘ。クイーンズランド州にあるこの街は、ニューサウスウェールズ州にあるバイロンベイとは違い、どこかハイソな雰囲気。オーストラリアでは州によって政策も大きく異なるため、街の景観にも影響が出るそう。確かに、ヌーサには高級ホテルも多かった。





でも、私たちは手軽なアパートメントに宿泊。大きなキッチンとダイニングルーム、3つのベッドルームのほか、旅人にかなり嬉しい室内ランドリーまであった。もちろんテラスにはバーベキューグリル! どうやらオーストラリアはバーベキュー文化が根付いているようで、公園やビーチサイドには公共のバーベキューグリルが当然のように併設。誰もが自由にバーベキューを楽しめるようになっている。




ホテルの屋上にあるプール。海も近いけど、その前にプールにドボンとダイブして、目を覚まさせるのが気持ちいい。その後に広いキッチンで朝食を作って、テラスでコーヒーを飲んでビーチへ。2泊3日でも急がない。




ちなみにヌーサはサーファーを魅了する極上ブレイクだけじゃなく、ラグナ湾やヌーサ川もあり、まるで水の都のよう。家から川に直接アプローチできるので、夕暮れ時に自身の船でクルーズしたりSUPを楽しんだりする人の姿も多かった。こんな暮らしに憧れてか、毎日多くの観光客が訪れている。




そして二日目となる今日も、夕暮れ前にふらっと海辺へお散歩。朝一は仕事前のサーファー、夕方には授業を終えた学生サーファーの姿も。ヌーサは波がブレイクするポイントまでは少し遠いので、岩場から飛び込んでアプローチ。そうすれば、あっという間にいい波をゲットできる。



みんなで波をシェアしながら、のんびりとクルーズ。ロングボーダーに適した波がブレイクするヌーサでは、ゆったりと波に乗るスタイルが主流なので、女性も子供も気軽にサーフィンを始めやすい。そんな訳で、日本とは違い女性サーファーの姿も多数。サーフィンに適したかわいいビキニブランドも多いので、ついでにお買い物を。




長さも十分なロングボードなら、ボードの上を歩くのも楽しい。だから、フィンレスでボードを回転させたり、スイッチスタンスでいつもと違うフィーリングを味わったり、それぞれが自由にライディングを楽しんでいるのが印象的。最近は素材が柔らかくて安全な“ソフトボード”も人気で、バイロンベイ生まれの「88 Surfboards」も昨年日本に上陸したばかりなのだ。

そして、ほとんど海しか行っていないヌーサTRIPは、あっという間に終了。
一日の終わりをサーフィンで締めくくるのは何よりも最高なのだ!



アーカイブはこちらから👇🏻

MY BEACH TOWN:Byron bay #1

MY BEACH TOWN:Byron bay #2

MY BEACH TOWN:Byron bay #3

MY BEACH TOWN:Byron bay #4

MY BEACH TOWN:Byron bay #5

MY BEACH TOWN:Byron bay #6

MY BEACH TOWN:Byron bay #7

MY BEACH TOWN:NOOSA #1

Tag

Writer